夏の冷えと夏太りについて

当院はオフィス街にあるので、この時期

デスクワークの方で夏なのに冷える 太るという人が多いです。

では、これは何故起こるのでしょう?

夏は、じっとしていても暑いです。

暑いと汗をかくので、行動力が低下します。行動力が低下すれば、筋力、代謝が低下します。筋力、代謝が低下すれば熱産生量も低下し、夏なのに体が冷えて太ります。

では、治療ではどうするか?自分でするには?

カイロプラクティックの治療では、筋力、反射、神経伝達、血流の向上を図る為に四肢、関節可動域為の全身マニプレーション(マッサージ)体の緊張を抜く為の首の関節モビリゼーション(動きを付ける)、横隔膜、肺のストレッチ(呼吸力を高め、全身に酸素をたっぷり含んだ血液を作る為)などを行います。
これらは、自分でするには難しいことなので是非カイロプラクティック、マッサージ、鍼灸の治療に来ていただくと良いと思います。

夏の冷え、体重の増加を防ぐ為に出来ること

それは、
太もも、足首の筋トレです。

太ももは、大きい筋肉が付いている割にあまり使われていません。
太ももの裏にセルライトなどがあるのは、筋肉が使われていない為、代謝が低下して太ってしまいます。

足首は、ふくらはぎの筋肉をポンプする役割があります。

これは、心臓から排出された血液が四肢末端まで行ったものを心臓に返す役割があります。ですから、足首を使えばむくみも無くなれば、冷えまで解消できる訳なんです。

では、どの様な運動をするか?

それは、その場でジャンプです。
できれば、踵を付けずになるべく早く。イメージ的にはマサイジャンプ
毎日5分もしたらいい感じになりますよ。