懐妊にベストな時は

統計によりますと、

五月に出産するのが一年中で一番安産で丈夫な子が生まれるそうです。

生後1年の乳児死亡率は、五月生まれがどの月よりも低くて、離乳開始が秋の好シーズンだから失敗も少ないそうです。

五月生まれは、小学校に上がるときは、クラスで最年長の遅生まれ組みだから体力的にも知能的にも一番有利になるといわれています。学級委員に選ばれる率も高いと統計では出ています。

そこで逆算すると、五月に出産するということは

八月に子づくりをすると良い

ということになります。

「今からじゃ遅いじゃん」なんていわず、これから子供が欲しいという方にも教えてあげてください。