首肩こりの原因といわれるストレートネックとは?

当院ではよく、首の痛み、肩のコリが長く続いている患者さんが病院でよく言われる

 

 

 

 

 

ストレートネック(参照ニコニコ鍼灸整骨院鶴見院
では、このストレートネック何が原因で何がいけないのか?

ストレートネックは、何故悪とされるのか?それは、人間の背骨は、大きく分けて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3つのカーブにより構成されています。
このカーブは、二足歩行で人間が歩く上でクッションの役割をしています。

ですから、ストレートネックになりカーブが減少すると、クッションの役割が減少し、首肩がこったり、目の疲れが出たりします。

では、ストレートネックになぜなるのか?姿勢が悪いから?猫背だから?

ストレートネックになるのは、背骨の3つのカーブが全体的に減少するからです。

ですから首だけ治療しても治りません。

腰、背中を治療して、カーブを全体的に作っていかなければいけません。

カーブの柔軟性は、すぐに出すことができますが骨のカーブ減少は老化になります。治療には時間が掛かるので早めにすると良いと思います。