偏平足による足の裏の痛み

足の裏の痛みが引かないということで病院で診察してもらったところ「偏平足と踵の骨が曲がっているから痛みが出現しているのでは?」と診断されて消炎鎮痛剤と湿布を処方していただいたのですが、1ヶ月痛みが引きませんという方が紹介されて来院されました。

この方は、なぜ症状が出現してしまったか?どの様に対処していったか?

まず、偏平足とは?
見た目で足の裏の土踏まずがない状態の足をいいます。
実際は、レントゲンを撮って

下の図のようにアーチが平らになっているものをいいます。当院に来院されるスポーツ選手足の裏に筋肉が発達し付いていて扁平に見える場合もあります。
生まれ付いての偏平足(約8歳以降)で特にケアをせず40歳代になると

この様に踵が外反してきます。
しかし、偏平足の人が皆、足の裏が痛いという訳ではありません。もしそうならば、国指定の病気に認定され特別な保険が効くようになるからです。では、なぜ痛くなるのか?

足の裏の痛みの発症部位は

足底筋膜になります。
この部分が偏平足により足底アーチが崩れてくると引き伸ばされ、細かく断裂し炎症を起こして痛みを発生させます。この痛みを解消させる為に湿布を貼ったり

インソールを敷いたりして対応するのですが、それだけでは回復していくのは大変だと思います。

では、なぜ痛みが出だしたのか?

それは消化器系の疲労があります。が代表的なものになります。
胃の場合、炎症や疲れが出てくると胃の位置がみぞおちの下にあるのでこの部分の炎症を回復させようと体の水分が集まってきたり、疲れを取ろうとする為に血液が集まってきたりして体が

前重心になります。
前重心になると
人間の足は
このくるぶしのラインに体重(重心)が乗ることが一番負担がかかりません。
しかし、猫背になって体重が前に乗ることにより

このライン(つま先)に体重(重心)が乗ってきます。そうすると

足裏のアーチが崩れて足の裏が痛くなる訳なんです。では改善するにはどうしたら良いか?

 

当院の治療で行わせていただいたのは、

腰と骨盤を治療します。

腰には、前後左右のバランスを取る機能があります。腰の3番目の骨は前後のバランスを取り、4番目の骨は左右のバランスを取る機能があります。

前後のバランスが崩れれば足裏が痛みます。左右のバランスが崩れれば、左右のどちらかの足裏が痛みます。
ですから、長く足裏の痛みのある人は腰に問題があるのです。

では、治療に通えない人はどのようにセルフケアをすればよいのか?
足の指を

丸めると足底アーチが出来ます。
この形でテーピングで軽く固定すると足底筋は緩み、アーチも形成されます。
炎症を起こしているときは痛みはありますが、この方法で2日で痛みは引いてきます。

痛みが引いたら、体を調整することをお勧めします。再発することの多い症状ですので