猫背と背中の痛み

「背中が痛いんです。私猫背だからだと思うのですが猫背は治りますか?」

という話を背中の痛みのある人から聞かれる事があります。
確かに背中の丸まりから痛みになる事があります。今回は、この事について書きます。

まずは、なぜ猫背になると背中が痛むのか?

背中が丸々と張力が発生して血液の流れを減少させてしまいます。その事により背中の筋肉の疲労物質が回復しにくかったり、酸素が行き難くなったりする為痛みが発生したりします。

では、背中の痛みを作る猫背はどの様な原因でなるのか?

寝不足
目の疲れ
胃の疲れ
肺の疲れ
婦人科

などから猫背が起こってきます。

背中の痛みを作る猫背になる原因、寝不足

寝不足になれば体の代謝、血液循環などが低下し脳に血液が回らなくなって脳疲労を起こします。
脳の働きは記憶力や集中力だけではなく、味覚、聴覚、視覚、性行動、恐怖、怒り、理解と判断、内臓に正常な指令を出す自律神経もその中に入っています。
そうすると、体力、集中力、自律神経の機能が低下します。
これらが低下すると靭帯、内臓の支持の維持や正常な神経、反射、ホルモンの正常分泌
正常な自律神経活動、正常な血流維持に異常をきたしてくるので体を支えている体力が無くなるので猫背になります。

原因不明の体調不良(体のだるさ、頭痛、不眠、過呼吸、不妊など)


寝不足の解消の仕方が書いてありますので参考までにどうぞ

背中の痛みを作る猫背になる原因、目の疲れ

目が疲れてくると見難くなるために本やモニターに近づく為、猫背になります。

目の疲れは、3分でいいので冷やしてあげるとよいです。
これは、人間の体温は大体36度前後なんですが、冷やすと反射でその部分が低体温になり組織の機能低下が起こるのを防ぐ為に血流が上昇します。
血流が上昇すれば、神経、筋肉に栄養が送られる為、
目の疲れが取れるのです。
やってみて下さい。

背中の痛みを作る猫背になる原因、胃の疲れ

胃の場合、食べ過ぎて炎症や疲れが出てくると、胃の位置がみぞおちの下にあるのでこの部分の炎症を回復させようと体の水分が集まってきたり、疲れを取ろうとする為に血液が集まってきたりして体が前かがみになり、頭が前方に出てきます。
人間の頭の重さが体重の約8%なので、体重60キロの人で約5キロの重さがあります。
それを背中の筋肉で引っ張りあげるので背中の痛みが出てしまうのです。

良い食事の仕方は、三食を時間をきちんと食べる
例えば、朝ごはんは7時、昼ごはんは12時、夜御飯は8時というように規則正しく食事を頂く。これは、一食抜く事が習慣になってしまうとその分の消化する為の胃酸や消化酵素、胃や腸の蠕動運動、全身に巡る栄養素の低下などにより、ホルモンが正常に出なくなってしまうからです。
そうすると体の疲労が取れなくなってしまいます。

よく噛んで腹8分目に食べる
これは、よく噛む事により側頭筋を通じて、こめかみに緊張を和らげ視床下部や脳下垂体の働きを活性化させ、体をリラックスさせる事が目的です。
腹8分目というのは、食事を取って、胃が消化するまで約2~5時間はかかります。
消化をするのには脳からの指令によって内分泌液を出しているので、早食いして量が多ければ約5時間、よく咀嚼すれば2時間は胃で消化させるために脳が指令を出し続けています。

この脳からの食事に対する処理時間を短い時間にすれば、肉体を回復させる事に脳の能力を回せるので体調が良くなる訳なんです。

胃で消化する時間は種類にもよって異なります。

野菜、炭水化物など   3時間
肉、乳製品など     8時間
たんぱく質(豆腐)など 5時間
果物          30分
大まかに胃で消化する時間になります。この時間を短縮するためにやって欲しい事
それは咀嚼
どれくらい噛めばよいか?(一口につき)
ご飯   60回
パン   50回
麺類  40回

これを目安に噛んでもらえれば、量も多くはいらなくなるのでダイエットにもなり一挙両得です。やってみて下さい。

背中の痛みを作る猫背になる原因、

肺が疲れる原因としては

寝不足
肥満
暴食、過食
アレルギー、風邪、インフルエンザ
暑さ
喘息
四十肩

運動不足
などになります。
肺が疲れてくると肺が大きく膨らまなくなり、その結果体が前かがみになってしまいます。婦人科疾患
これは女性限定になりますが、子宮卵巣が

この位置にあるので痛みがあるとかばうので、背中が丸くなってきます。
これらは、早めにカイロプラクティック、鍼灸、マッサージなどで解消しておいた方が良いと思います。