首、背中、肩こりのセルフストレッチ

​首、背中、肩こり、これは現代病となっています。

これらの原因は、過去に

姿勢の問題
睡眠の問題
顎の問題
重大な内科疾患
腰の問題

 

を書きました。
今回は、解剖学的にどこの神経と繋がっているのか?ということを書いていきます。

今回書く、首、背中の痛み、肩こり原因は首についてです。

首、背中、肩は
首から出ている神経により筋肉を動かしています。

首はこの様に7つの骨から構成されています。
この一つ一つから神経が出ていて首、背中、肩は

このように首の神経に支配されています。
ですから首の治療をしないと首こりは勿論、背中の痛みや肩こりは治らないのです。
では、カイロプラクティック、鍼灸、マッサージの治療以外に自分で出来ることは?

痛みが酷い場合や慢性化しているものを治療で改善させた後は、セルフケアで症状を出現させないようにして頂きたいです。
そこで

首の関節ストレッチと運動

首の関節は

このようになっています(黄色は神経)
ですから

首を後ろに倒すと椎間孔が締まり

前に倒すと椎間孔が開きます。
という事で神経の通っている関節孔を開いて、神経圧迫を開放させるには首を前に倒したほうが良いのですが、倒し方があります。
一般的に首を前に倒すのは

この形。
しかし、この形だと下部頚椎(5番、6番、7番)しか関節がストレッチされません。
ではどうするのか?

自分でする首、背中、肩こりの為のストレッチ

首の根元(後頭部)にストレッチを掛ける為に

まずは

鼻の下を押さえます

そこを軸に首を前に倒します。

これを正面、右、左と5秒ずつするだけで上部頚椎のストレッチになります。

やってみてください