カイロプラクティックは痛いですか?

初診の問い合わせで「治療は痛いですか?」と聞かれることがあるので

当院で行っているカイロプラクティックについて

カイロプラクティックとは、アメリカで100年程前に生まれた、背骨の矯正を主眼とする医療体系の一種です。

マイケルジョーダン(バスケット)

エレーナ・イシンバエワ(棒高跳び)

タイガーウッズ(ゴルフ)

海外では、スポーツ選手などが中心でカイロプラクティックを受診される人が多いです。

1895年にアメリカのD・D・パーマーによって発見され、今現在もアメリカを中心に世界各国で研究が進んでいて、人々の健康に多大なる貢献をしています。

ちなみに1895年は、日本では明治28年、医療では、レントゲン氏によるX線の発見などがあります。

多田治療院で施術しているカイロプラクティックは

「神経伝達がスムーズに流れる様に、その神経の通路を正しく整備し、体が自分自身で回復する力を、最高に発揮できるような環境に持ってゆく」
という治療です。


私達の背中には24個の骨がつながって、一本の背骨が出来ています。
そして背骨の背中側には、神経が通るためのトンネルがあり、脳につながる神経が通っています。
そして背骨一つ一つの継ぎ目には、背骨の中を通る神経からの分岐する出口があり、枝分かれした神経が背骨から外へ出ているのです。
枝分かれして出て行った神経は、筋肉や内臓などへつながり、脳からの指令を受け取ります。その結果、各器官は頭から命令された仕事を実行することが出来るのです。正常に神経伝達が行われている器官は、十分な仕事が出来ます。
筋肉なら必要な力が十分に出せる状態で内臓も正常に働くことが可能です。

しかし、背骨が歪むと、背骨の継ぎ目にある神経の出口が、通常より狭くなってしまいます。狭くなった出口を通る神経は、骨に圧迫されるため潰されてしまいます。
脳から各器官に、正常な神経伝達が出来なくなります。これが、骨の歪みで神経が圧迫されるなどの障害が起きている状態です。

正常な神経伝達が行われないと、力が出なかったり本来の働きが出来なくなります。神経伝達が正常に働いていないと、筋力が落ちたり内臓の働きも低下し続けます。痛みやコリ・不調の原因は、このようにして発生する場合が多いのです。

多田治療院で行う治療としての体の刺激は、やさしく、弱い刺激になります。

これは、治療(治していく方向)は

弱い方が効果があります。

これは、ボクシングの試合でお互いの顔や体を殴り合っています。
その時、約2トンもの衝撃がお互いの顔やボディにぶつけ合います。
このボクシングの試合をしても尚、頭蓋骨骨折や内臓破裂は殆ど起きません。
これは、お互いに

殴られる

という防御反射を起こしながら試合をしている為だからです。

ですから、強くて痛い治療は2トンもの衝撃に耐えられる人間の体の防御反射と戦うのであまり治るという効果では意味の無いものになってしまいます。

強い治療の利点としては、体力のあるスポーツ選手や緊張が強い人に対して反作用でリラックスさせるというものがあります。
ですから、スポーツマッサージでは強い刺激の物もあります。
試合が終わっても興奮して眠れないとか仕事でテンションが上がってリラックスできないという人に向いています。
しかし、強い治療は関節の破壊にも繋がるのでくれぐれも気をつけて受けてください。