デスクワーク(仕事)で出現する肘の痛み

最近、テニス、バドミントン、野球などのスポーツをしているわけではないのに
肘が痛むという人が出てきています。

以前、デスクワークの肘の痛みでデスクワークで手を使うとき必ず

回内させます。
回内させると

肘の内側の円回内筋が伸ばされ、回外筋は引っ張られます。

しかも、マウスを多用する人は親指、人指し指、中指を使います。
これが橈骨側の筋肉を使うので付着している、円回内筋、回外筋に余計負荷がかかるため肘の痛みを助長させてしまうという事を書きました。

今回は、他の原因を書いていきます。

デスクワークで出現する肘の痛みの
原因の一つとして

上腕の筋肉です。この中の肘に付着している代表的な
3つの筋肉

上腕二頭筋
上腕三頭筋
上腕筋

になります。

一つ目の上腕二頭筋


この筋肉は肩の関節から始まって、上腕二頭筋長頭といわれる外側の筋肉は、
肘の外側の骨の内側(橈骨粗面)に上腕二頭筋短頭といわれる内側の筋肉は、
前腕(肘から手の内側にある)に腱膜にくっ付いています。
ですから、この力こぶの筋肉(上腕二頭筋)が使われすぎると肘の外側でも内側でも痛みが発生するのです。

二つ目の上腕三頭筋


この筋肉は、肩の関節や二の腕の骨(上腕骨)の3つの部分から始まって肘頭にくっ付きます。


この肘頭というのが肘の内側(尺骨)に付いています。
ですから、この上腕三頭筋(肘を伸ばしたり、曲げたり、腕を固定したり)を使いすぎると肘の内側の痛みが出現するのです。

三つ目の上腕筋


この筋肉は、二の腕の骨(上腕骨)の
真ん中から肘の内側を通り

尺骨(前腕の小指側)にくっ付いています。

ですから、この筋肉に負担が掛かると肘の内側が痛むのです。

当院では、これらのことに留意して肘の治療して行きます。

肘の痛みのセルフケアのストレッチとして

上腕二頭筋のストレッチ


上腕三頭筋のストレッチ

オーソドックスなもので体の固い人は

タオルを使って行います。

壁を使うストレッチや

椅子を使うストレッチもあります。

上腕筋のストレッチは

があります。
毎日、朝、昼、夜と行えば肘の痛みが軽減してくるのでやってみて下さい。