仕事中に出現する、背中のこり、痛みの原因と解消法

特に運動や怪我でもないのに背中が痛いという方がいらっしゃいます。

病院での検査で背中が痛くなる疾患

胃炎、膵炎、肺炎、肝炎、喘息、腎臓結石、胆石、心臓疾患、など・・・

病院適応の疾患で精密検査で特にその疾患はなく、

背中が痛いという方は、どうして痛いのか?

デスクワークをしていて背中がこる、痛い

理由として2つ

一つ目は、

腕の重さ


このようになっています。
この肩甲骨には腕がついていて、片腕の重さは体重の5%といわれています。
ですから、体重60キロの人で片腕3キロの重さがあり、両腕で6キロの重さが

肩甲骨、背中の筋肉にかかってきます。
最低でもデスクワークで8時間位は座っているので

疲れて猫背になり

骨盤が後傾(後方回転)して背中の筋肉が引かれその負担が、症状に出る訳なんです。

仕事での背中のこり、痛みの原因のもう一つ

首の位置(姿勢)です。

人間の頭の重さが体重の約8%なので
体重60キロの人で約5キロの重さがあります。

良い姿勢であればかまわないのですが、

頭の前後の重さのバランスが


この様なバランスになっています

これが、姿勢が悪くなると

30度で首に掛かる18kgの負担は、成人男性が扱う

ボーリングの球の3個分です。

30度の傾きでこの負担量です。仕事をしている時は、最低でもこの姿勢にはなっていると思います。これを首の筋肉だけでは支えられないので、背中の筋肉も使って常時支えている為に背中のこりや痛みが発生するわけです。

では、どうすればよいのか?

当院で行う治療として

大腰筋の治療

これは、骨盤を

後方回転させて

猫背を作ってしまう筋肉です。

特に収縮力が強いので、それを取り除きます。

胃の治療

胃は

みぞおちの下の部分に入っていて、胃が張っていると猫背を助長してしまいます。

首の治療

頭の重量バランスは

3対1になっていて、首の前後のバランスが悪くなってしまうので、それを整える為に

胸鎖乳突筋

後頚筋群の治療をします。

代表的なものでもこれだけ治療をしますが、まだまだ治療する所はあります。それらが、全てバランスされてこそ症状が改善されてくるのです。

では、自分で気をつける事は?

斜角筋、胸鎖乳突筋のストレッチ

顔を右に向け右指で左のこめかみを軽く引っ張る。
これを反対側も

右の鎖骨を指で押さえ、左に首を傾けながら上を向く。これを反対側も
これは、

胸鎖乳突筋

斜角筋の上部と下部をストレッチする為です。このストレッチで首の前後のバランスを改善させます。

背中の筋肉をダイレクトにストレッチさせる方法は

有名なところで

この形や

この形で肩甲骨間を開いてあげたり

自宅でこの形をしてストレッチをかけたりします。
呼吸の吸って吐いてを1セットで10セットはやってみて下さい。

オフィスや家庭の椅子で

この形をします。

この形で背中をストレッチします。このストレッチも吸って吐いての呼吸を1セットで10セットやってみて下さい。