顔面神経痛、顔面神経麻痺といわれる症状

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この症状は、当院でも多く来院されますが、まずは皆さん病院で診断されてから来られます。

まず顔面神経痛というのは、病名には無く正式名称としては三叉神経痛といいます。

三叉神経というのは、ざっくりいうと目の神経、上顎の神経、下顎の神経の3又に分かれた
こめかみの辺りから出ている神経です。

この症状の痛みの特徴としては、

目の下が痛い
顎の調子が悪い
こめかみがピリッと痛む
おでこがチリチリする
舌がチリチリする
おでこが痛い

などになります。

原因は不明ですが、一般的には三叉神経を圧迫することで引き起こされると思われます。

病院では、投薬療法、神経ブロック注射、手術のいずれかで治療をしています。
当院でも、三叉神経痛を手術された方がやはり症状が出てしまい来院されました。

一般的に出てくる顔面神経麻痺の正式名称は末梢性顔面神経麻痺と呼ばれる物でベル麻痺とも呼ばれます。

症状としては、

片側の顔面筋の麻痺が出ます。
額のしわ寄せが出来なくなったり、目が閉じにくかったり、口笛がふけなくなったり、味覚の低下などが出現します。

病院の治療としては投薬療法で回復するものが多い疾病になります。
どうしてなるかは、これまた原因不明です。

では、カイロプラクティックではどのようにアプローチするか?

麻痺というのは、基本的には神経の慢性的圧迫が原因です。
プロセスとしては

痛みnextしびれnext麻痺next

という様に症状が変移してきます。
ですから、麻痺の場合、治療をして症状が回復してくるとしびれになります。又改善してくると痛みになります。しかし、これは改善している為に起こってくるものなのです。

では、話を戻して、カイロプラクティックの治療としてはその慢性的神経圧迫を取り除いていきます。
これは、必ずしも筋肉や骨のずれだけではなく、神経の緊張というのが大きく関係しているものだと思います。
当院などは、病院に長く通って改善が少なかった人が多く通われるので、病院の検査で出るような器質的なものはほとんど改善されています。
そうすると、出てくるのは神経の緊張というのが主な原因というのが先人の方の研究や私の臨床経験からも感じられることなのです。
ですから、治療としては副腎皮質ホルモンが放出しやすい環境を作る治療をします。

顔面神経痛や顔面神経麻痺はきちんと治療しないと後遺症が残ってしまう疾患です。
まずは、病院でしっかりとした診断と急性期の治療(投薬など)を受けた後で症状が改善しない場合は、なるべく早くにこの様な治療を受けられると改善は早いと思います。

 

ブログは朝の7:30。facebookは10:00には記事を上げています。

東京都中央区の整体、カイロプラクティック、鍼灸、マッサージ 土曜日の午後も診療している多田治療院