寝返りと疲労回復

「よく寝ているんですが疲れが取れにくいんです」という方がいらっしゃいます。

「枕が悪いんでしょうか?」とか「布団が悪いんでしょうか?」とかいわれるのですが、いい布団やいい枕を使っても解消されない場合があります。

では、どうしてなのでしょうか?

布団や枕を良いものに変えて、睡眠時間を取っているのにそれでも体の疲れが取れない場合は、体のねじれがある場合が多いです。

体がねじれてくると正面から見ると真っ直ぐになってきます。

これは、雑巾絞りと同じ事で普段はねじれていないので柔らかいですが、絞る(ねじる)と硬く真っ直ぐになります。

この絞った状態だと体の柔軟性に欠けてきます。柔軟性が無くなると、休養を取っても回復しにくくなってくるんです。

人間の背骨は、元々生理的湾曲というものがあります。

 

 

 

 

 

 

 
頚椎で約直径17cm、胸椎で約直径31センチ、腰椎で約直径19センチの円ができるようなカーブがあります。

このカーブがサスペンションの役割をしていて、歩いている衝撃や座っているときの重力を和らげる効果があります。

ところが、体がねじれてこのカーブが小さくなるとその分体に疲れが溜まり易くなってしまいます。
このカーブを戻すには、腿上げ歩行、雑巾がけ、大きく手を振るなどの全身を使った運動をする必要があります。

しかし、ねじれたまま運動すると怪我をしてしまうのでカイロプラクティック、鍼灸、マッサージ等の治療をうける事がよいと思います。

体のねじれをそのままにしておくと、背骨の湾曲が無くなって真っ直ぐになってくるということを説明しました。

この湾曲が無くなり真っ直ぐになってくると、寝ている時寝返りを打たなくなります。

人間は、寝ている間に寝返りを打つことによって、関節、筋肉などにストレッチを無意識にかけて治そうとしています。
それが、湾曲が無くなり柔軟性が欠けると寝返りが打てなくなるのです。

子供は、寝返りを打って布団からはみ出したり、ベッドから落ちたりします。
若い女性は、旅館に泊まって浴衣で寝ると朝には浴衣がはだけていたりします。
こんな現象が無くなっている人は、背骨が歪んで疲れが取れにくくなっていたり、何もしていないのに痛いところが出てきてしまうことがあるので早めの治療をお勧めします。

 

ブログは朝の7:30。facebookは10:00には記事を上げています。

東京都中央区の整体、カイロプラクティック、鍼灸、マッサージ 土曜午後も診療している多田治療院