薬を乱用する人はなぜ良くないのか?

薬をあまり飲まない人がたまに風邪薬を飲んだりすると、よく効きます。
逆に、同じ薬を飲み続けるていると、効かなくなってくることもあります。

普段から風邪薬や胃腸薬、安定剤や何かのドリンク剤などを飲み続けていると、
いざというときに薬が効かなくなるといいます。

では、なぜなんでしょう?

薬は、細菌にとっても異物ですが、体にとっても異物です。

同じ薬を飲み続けると、肝臓でその薬を壊す酵素を作り始めます。
一方、細菌の方でも薬を壊すような酵素を作り出してしまうのです。
それで、同じ薬を飲んでいるとだんだん効かなくなってしまうわけです。
そして、同名の風邪薬でも新しいものがでてくるのです。

では、薬を乱用している人の場合はどうなるのでしょうか?

薬は細胞内に入ると、いろいろな場所に働きかけて活発に作用させます。
しかし、それが頻繁になってくると細胞の方が嫌になって怠けだします。
続けば続くほど、かえってそれの慣れてしまって緊張感がなくなってしまうような感じです。
最後には細胞が薬の問いかけにも反応しなくなってしまうわけです。

薬を否定しているわけではないのですが、体調や症状に合わせて薬を変化させてくれるお医者さんか薬局(個人)などに相談して飲用する事が薬とうまく付き合っていく方法だと思います。

 

ブログは朝の7:30。facebookは10:00には記事を上げています。

東京都中央区の整体、カイロプラクティック、鍼灸、マッサージ 土曜日の午後も診療している多田治療院