西洋医学観点から自然妊娠しにくい時期

西洋医学的観点から妊娠しにくい時期、しやすい時期を書きます。

女性は、月に一回排卵期があります。ですから年12回位です。大抵の動物は排卵が年1回なのを考えると人間は非常に妊娠しにくいと生物学的にはいわれています。

一方、男性は月に一回射精器というのがあるわけでなくいつでも射精できます。

しかし、男性にも性周期というのが存在するのです。

一回の射精で出る受精能力のある精子の数が季節により大幅に違うんです。

最も少ないのが6月で約9000万個

最も多いのが9月で約1億9000万個

2倍程違います。

勿論、色々とありますが、今月はもし妊娠しなくても「精子が少なかったから」という事で納得しましょう。

 

ブログは朝の7:30。facebookは10:00には記事を上げています。

東京都中央区の整体、カイロプラクティック、鍼灸、マッサージ 土曜午後も診療している多田治療院