雨と体調不良の原因と治療とセルフケア

なぜ台風、雨等があると体調が低下するか?

雨は低気圧、台風は大型低気圧により起こります。低気圧は上昇気流が生じて大気中の酸素濃度が薄くなります。その中で生活してると取り込む酸素の量が少なくなり、体全体に酸素が行き渡らなくなります。
だから体がだるくなるんです。

では、この時に痛む所はどこでしょうか?

体全体に酸素が行き渡らなくなるということは呼吸を細かく浅くして酸素摂取しようとします。

そうすると肺が大きく膨らまない為、猫背になります。

猫背になると体に掛かる衝撃を吸収する為の

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3つのカーブが崩れてきて、より疲労しやすくなります。

その時に痛みの出てくるところが首、背中、腰になります。

ですから、台風、雨等の季節や環境が変わるときに首、背中、腰の痛くなる人は気候に負けているわけなんです

では、当院の治療ではどうするのか?
それと自分で出来ることは?

台風、雨等の季節や環境が変わるときに体がつらくなる人の場合は、体全体に酸素が行き渡らくなり症状が出現するので、全身の血流を妨げている部分を除去していきます。

そして肺の換気を良くするテクニックを行い、肺が良くなり換気が上がれば血流が変わり又、詰まってくるところが出てきます。その部分を又治療し流れを良くします。

血流がよくなれば、腎臓、肝臓、脾臓に負担が掛かるのでその内臓ストレスを除外する治療をします。

これだけの治療をすると体全体の血流が良くなります。

しかし、全身に血液を回すだけの元気(心臓、脳)が現状では無いので帰宅したらよく睡眠を取ってもらいます。(大抵深い睡眠になりやすいです)

その後、体の流れが良くなっている事が体に馴染むのに48~56時間掛かるので当院に来た方は、2~3日で体調が良くなってくる訳なんです。

 

自分で改善させていくには、

首のストレッチ
立位でバンザイした後前屈
手足ブラブラ
深呼吸

この順番でします。

首のストレッチ
左に10秒倒したら右に10秒と必ず対称に行ってください。左右以外にも前後、右回転左回転、右回転して上を見る左回転して下を見るというようにあらゆる方向にストレッチして下さい。

立位でバンザイした後前屈

 

 

 

 

立位でバンザイ

 

 

 

 

 

前屈(出来るだけ頭を膝に近づける)をワンセットで5~10回します。
これは背骨、背中の筋肉に血液を流す為に行います。

手足ブラブラ
これは、四肢末端に血液を流れるようにしたいという動作です。
椅子に座って

手は、下げて30秒ブラブラ、肉が揺れるほど脱力して、

足は、片足立ち(必ずどこかに掴まって)
で30秒、肉が揺れる様にブラブラします。終わったら手を握ったり開いたり、足を

 

 

背屈、底屈を30秒ずつして下さい。

深呼吸
これは、血液を全身に送り出す目的と血液に新鮮な酸素を載せるという意味があります。

1.リラックスした状態。腹筋も背筋も緊張していない状態(仰向け寝)になります。

2.息を吸った時におなかが膨らみ、吐いた時におなかが凹むようにする。(おなかに手を当ててするとわかりやすいです)

3.3秒吸って、6秒吐く、息を吸うのは鼻、息を吐くのは口で行います。

これは、長く行っても10分ですぐに首のストレッチ、立位でバンザイした後の前屈、手足ブラブラを行ってください。具合が悪くなります。出来れば当院で治療を受けて、その上でこの運動をしてもらった方が間違えないと思います。

 

ブログは朝の7:30。facebookは10:00には記事を上げています。

東京都中央区の整体、カイロプラクティック、鍼灸、マッサージ 土曜午後も診療している多田治療院