梅雨の時期に現れる頭痛とセルフケア

すっかり梅雨のような湿度の高い季節になりました。

もうそろそろ梅雨に入ると思いますが、最近は頭痛(首からくる)の方が当院では増えてきています。

では、この時期にある頭痛はどのような原因なのか?

このところ湿度がとても高いです。
当院でも何もしていないと60%になります。
湿度が高くなると湿度が上がると靭帯や椎間板を構成しているコラーゲンが、水分を38%含むと緩んできて、支持力が弱くなり、利き腕などの筋力の強い側に引っ張られ痛みが発生します。
ですから、室内の湿度を45%位にして生活するのが良いです。
当院に来院している方で先月までドバイで5年仕事をしていた人が帰国して、1ヶ月で首の痛みが発生しています。
5年間そのような痛みと縁がなかった人がです。

この方に湿度管理をお願いしたら1週間しないうちに首と肩の痛みは消失しました。

では湿度管理以外に自分で出来ることは?

自分で出来る事、それは


首のストレッチと指圧です
まずは、首のストレッチ

首を左右に傾ける

上を見る(左右)

下を見て顎先が左右の乳頭に近づく様に
首の後ろから背中のストレッチ


首の回転(左右同数回旋)

自分で出来る

首の指圧
首の緊張が強くなりすぎて頭痛が起こる場合、その緊張を緩めてあげなければ緩和する事が望めません。
そこで、自分で出来る効果的な首の指圧
まず,
首を前に倒します.

首の後ろの部分が開いているのが見て取れると思います。

後ろに反らすと関節が締まってしまいますので前に倒すと首の関節の後ろ側を開いたことになります。

その状態で

首の骨を挟んで両側をこの様に押さえてください。
押す方向はうなじに向かってになります。
首の骨は7本あるので上下に何回かずらして押してください。
これをするだけでも首の痛み頭痛が無くなる事もあるのでやってみてください。