腰椎すべり症の治療とセルフケア

腰椎すべり症、腰部脊柱管狭窄症による腰下肢のしびれ、痛みについて質問をいただきました。

まずは、腰椎すべり症の概要を腰椎が前方へ滑っている状態のことで、先天的(前方に行くのを止める骨が無いなど)、外傷的(しりもちなど)、生活、体の使い方などによって起こります。
脊柱管狭窄症を合併することがほとんどです。症状は腰痛が最も多く、歩行障害(間欠性跛行)や下肢のしびれが代表的です。因みに手術以外でこのすべり症は治りません。
しかし、痛みと症状を取り除くことは出来ます。
では、どの様に行うのか?

腰椎すべり症は、


 

 

 

(参照ヤマヤセラピー札幌治療センター)
腰椎が前方に滑っています。

ですから、治療では後ろから押すのは禁忌です。

では、どうするのか?当院では、腹筋の過緊張、骨盤、股関節に付いている筋肉のバランスを取り治療します。腹筋や体の前側の筋肉の収縮力が強いと前に滑る割合が多くなり、神経を圧迫して痛みや下肢の痺れを出現させてしまいます。この治療により痛みや痺れの改善は見込めると思います。

しかし、これだけでは痛みを出現させない為のものを継続することが出来ません。
自分自身で出来ることをやっていただくと、更に痛みが出現しにくくなります。
それは何か?・・・・

自分で出来る体操として

仰向けで膝を抱える(15秒)

それを片足ずつ(15秒)

椅子に座って前屈(15秒)

長座で手で下半身の力を抜き体を支える。(15秒)

土下座(15秒)

これをワンセットで日に3回はやっていただくと腰痛が起き難くなると思います。
やってみて下さい。

ブログは朝の7:30。facebookは10:00には記事を上げています。

東京都中央区の整体、カイロプラクティック、鍼灸、マッサージ 土曜午後も診療している多田治療院