甘い物の食べすぎは便秘に

現代人に多い症状の便秘。その原因の1つに糖(砂糖)の取りすぎではないかというのがあります。

砂糖を摂取した時の体の反応として「糖反射」というのがあります。
胃の中に食べものが入ると、胃は消化活動を行うと同時に、およそ15秒に一回の割合で動いて食物を腸の方へ送ります。しかし糖分が入ってくると、なぜか胃の動きがピタリと止まるというのです。この現象は東京大学で「糖反射」と名付けられました。

糖反射は角砂糖5分の1、キャラメル4分の1個程度の量で作用する。つまりほんの僅かのお菓子やジュースで簡単に胃は止まるそうです。面白いことに、砂糖をチューブで胃を経由せず直接小腸に流し込んだ場合も、やはり胃の運動を止まるそうです。

胃に入った糖分は、その後唾液や胃液で薄められ、濃度が5.4%以下に下がってから初めて消化吸収活動に乗せられる。その間この現象は数十分から1時間以上続く。もし甘いものを食前に食べてしまったら、後から入る食物もこの糖反射が解けないうちは無消化のままで胃内にあることになります。

ということは、甘い物(糖質)を取りすぎると胃の消化の運動が低下して、腸の動きも悪くなるので、

腹部膨満感、少し食べても胃がもたれる
胃腸の具合が悪くなりがち
食後のむかつき・胸焼け
肩こりや手足の冷え
便秘がち
スタミナがなく疲れやすい

という症状が出やすくなるのではないかと言われています。

ですから、消化不良や便秘がちの方は、糖質の摂取(甘い飲み物、食べ物)を見直してみては動でしょうか?

 

ブログは朝の7:30。facebookは10:00には記事を上げています。

東京都中央区の整体、カイロプラクティック、鍼灸、マッサージ 土曜午後も診療している多田治療院