背中の痛みと猫背

「背中が痛いので猫背を治して欲しい」という女性の方が来院されました。

猫背と背中の痛みはどの様に関係しているのでしょうか?

猫背は

 

 

 

 

 

この様な形になっています。その時の肩甲骨は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この様に開いています。そうすると肩甲骨と背骨の間にくっ付いている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稜形筋が引き伸ばされて緊張し、背中の痛みを作ってしまいます。

なので、この患者さんは「猫背を治してくれれば背中の痛みが取れる」と言う意味でおっしゃったのだと思います。

猫背になってしまうのは、色々な要因があります。

治療としてまずは、

肩甲骨が動かないのを動かす。

その肩甲骨を全方向に動かしていきます。

胸の筋肉が硬い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胸の大胸筋が縮んでしまっていて前肩になってしまうと猫背になるので、そのストレッチをします。

呼吸が浅い

 

 

 

 

 

 

呼吸が浅いと、呼吸による肩甲骨のまわりの筋肉の動きが制限されて動かなくなり猫背や背中の痛みに繋がってしまいます。

最低でもこれらの動きが付くまで治療していきます。

この方は、肩甲骨が動き出すまで週に一回の治療で1ヶ月(4回の治療)で軽減したのですが、普段の生活のパターンが猫背(肩甲骨が固まる)になるパターンだったので、そこに陥らないエクササイズをお教えしました。それを実行してくだされば多分背中が痛くなってしまうのは、年に2回程度で済むはずです。背中が痛んでしまう人は最低でも一日に3回は

 

 

 

 

 

このエクササイズをされると良いと思います。

 

ブログは朝の7:30。facebookは10:00には記事を上げています。

東京都中央区の整体、カイロプラクティック、鍼灸、マッサージ 土曜午後も診療している多田治療院