肩こりの人は肩甲骨が上がっている

肩こりの症状で来院される患者さんの多くは

 

 

 

 

 

肩甲骨が上がっています。

肩甲骨が上がると何故肩がこるのか?

肩甲骨が上がると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僧帽筋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肩甲挙筋などが、

縮みっぱなしになり、常に筋肉の緊張状態を作ってしまいます。

これを解消する為に、当院の治療では、肩甲骨を下げる筋肉の

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広背筋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僧帽筋下部

を治療して肩甲骨を下げやすくしてあげます。

ですから、肩こりなのに当院では背中を触ることが多いのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

それ以外に体の前後のバランスを取る①胸椎12番②股関節③胸の筋肉(大胸筋)④首の5,7番目の骨を良い位置に調整します。

ここまでして肩こりというのは解消に向かうのでとても手ごわいです。

治療に来ていただくことと同時に行う

自分で出来るエクササイズとしては

 

 

 

 

 

 

 

 

肩甲骨を寄せる(下側に寄せて力を入れて抜いてを10回)

 

 

 

 

 

 

 

壁に沿わせてa→b→c c→b→a とリズミカルに力を入れずに10回

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肘を壁について逆腕立て伏せを10回

をされると肩こりを防止する運動になります。寝る前とお昼から15時の間に1回ずつすると良いでしょう。

 

ブログは朝の8:00。facebookは10:00には記事を上げています。

東京都中央区の整体、カイロプラクティック、鍼灸、マッサージ 土曜午後も診療している多田治療院