むちうち(交通事故の治療)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、交通事故でむちうち(頚椎捻挫)で来院して頂いた方がいらっしゃいます。

事故の場合、当院のような鍼灸、マッサージは、保険の適応になるので治療費の本人負担が無く、早く回復するので、今回は、保険会社の方からの紹介でした。

事故の概要としては、車で信号の無い交差点に侵入した際、車の右横(運転席あたり)に突っ込まれたそうです。
症状としては、右首から肩腕にかけての痛みと痺れです。
特に、左を向くと痛みが増強するとの事でした。1ヶ月程、整形外科に通って低周波と牽引をしていたのですが最初の痛みが100としたら、まだ80は残っているのでより早く改善したい、ということで紹介で来院されました。

最初に検査でスパーリングテスト(頚椎圧迫テスト)を行いました。これは、頚椎椎間関節の異常や椎間孔の狭窄を見るテストで異常はありませんでした。

次に見たのは、アドソンテスト(斜角筋のストレスを見るテスト)を行い、これは、陽性反応が出ました。
このテストにより、治療の方向性が決まりました。

ここに反応が出るのは、事故の時の逃避姿勢でぶつかる瞬間に顔を左に向け、右の首肩に力が入った為に斜角筋に収縮が起きて固まったので、整形外科の低周波や温熱療法では、痛みが緩和されにくかったのです。

後は、頚椎。特に1番、2番、5番、6番の動きをよく見ました。この頚椎は、体の回転、横、前後の動きに特に反応しやすい頚椎で、事故にあった時に右側屈、左回旋、軽後屈での危険回避姿勢で事故に遭い、その状態で筋肉が緊張した為、症状が出たようです。

1回目の治療で50%違和感が取れと首が回るようになって、2回目の治療で80%症状が緩和しました。

後の20%の違和感を取る事に全力を尽くしたいと思います。

追記として、交通事故の場合、保険を使って鍼灸、マッサージ
接骨院などは適応なので是非、通院してみてください。
私たちは、必死に勉強しているので良い結果が出る確率は
かなり高いと思います。