お腹が張る人がして欲しい食事

特に女性に多いお腹の張り。

その原因の70%は空気だということは以前こちらに書きました。

では、今回は残りの30%の腸内に発生するガスについて書いていきます。

最近注目されたオーストラリアのモナッシュ大学等が提唱した、ガスや腹痛、下痢などの原因になる特定の糖質を控える食事法です。

ガスが発生しやすい食品

小麦、大麦、うどん、ラーメン、パスタ、ケーキ、納豆、キムチ、牛乳、ヨーグルト、玉ねぎ、ねぎ、豆類、にんにく、ごぼう、リンゴ、柿、スイカ、キシリトールなど

まずは3週間、これらの食品を控えると症状が改善される可能性が高いので行ってみて、その後、食品を1品ずつ試し、どれを取ると症状が出るか見極める。自分に合わない食品がわかれば、それだけを避ける。

ガスが発生しにくい食品

米、そば、トマト、にんじん、もやし、ほうれんそう、かぼちゃ、バナナ、キウイ、オレンジ、卵、牛肉(赤身)、鶏肉、魚介類など

ちょっと大変ですが、過敏性腸症候群の患者が対象の試験では、7割の人がこの食事法で症状が大きく改善したと国際的な医学論文で報告されているそうなので、症状の辛い人はやってみてはいかがでしょうか