お腹の張りは放置しない!

当院に来る患者さんで、

「お腹が張って苦しい」
「体重は増えていないのに、ズボンがきつい」
「ガスが溜まっている」

この症状と原因について幾つか書いていこうと思います。

この症状で、一番怖い疾患は「クローン病」です。この疾患は消化管全域(口内から肛門まで)に、非連続性の炎症を起こす原因不明の疾患です。勿論、原因不明の疾患である限り、当院の治療も効果を期待できる事もありますが、まずは、専門医にご相談ください。

 

ガスが溜まるメカニズムについては腸内の悪玉菌が発酵してガスが溜まる。

という事を皆さんは知識として知っている為、色々な種類のヨーグルトを食してみたりしている方が多いのですが、実は、

ガスが溜まる7割は食事の際、一緒に飲み込んだ空気

なんです。

体から出ていくガス(ゲップやオナラ)は、飲み込んだ空気全体の10%にも満たないほどの量で、大半は呼吸によって排出されます。

でも、入ってくる空気や発生するガスが多すぎたり、排出される空気やガスが少なかったりすると、お腹にガスが溜まってしまうんです。

そしてガスが溜まることによってお腹が張る、苦しいという症状がでるんです。

 

当院のカイロプラクティックの治療の一例では、

まず、背筋と腹筋のバランスを見ます。これは、体が前かがみになると肺が圧迫されて大きく呼吸が出来ないからです。

次に内臓、呼吸をする為の肺は、横隔膜の上下運動の補助を受けて呼吸をするので、横隔膜と肺に隣接する内臓(胃、肝臓)をみます。後は、背中側にある腎臓も姿勢を曲げる原因となるのでよく見ます。

当院に来院した女性の方で、お腹が張るという症状を訴えていた方は一回の治療で帰りにベルトをしないとズボンが落ちてしまい、古新聞を縛る梱包紐をベルト代わりにして帰った方もいらっしゃいます。

全員が該当するとは思わないですが、お腹が張ったり、ウエストだけ太くなったりしてしまった方は、呼吸などを気にしてみるのも一つの方法だと思います。

自分で解消する方法として

ガスが溜まる7割は空気を飲み込んだ分。

ということなんですが、自分で解消する方法としては

腹式呼吸法

が有効だと思います。

 

 

 

 

 

 

息を吸ったときにお腹を膨らませ、吐いたときにお腹を凹ませます。

息を吸うのは3秒、吐くのは7秒といった感じで息を吐くことを重視します。

お腹にガスが溜まると内臓圧迫に繋がります。腸の働きも悪いため代謝が悪くなってしまいます。代謝が悪くなるということは、排尿や排便、発汗などもうまくいかなくなるその状態が続けば、良い栄養の吸収や良い呼吸(酸素たっぷりの)が出来なくなり、体に疲れを残してしまいます。

お腹の張りは放置しないで下さいね。

 

ブログは朝の7:30。facebookは10:00には記事を上げています。

東京都中央区の整体、カイロプラクティック、鍼灸、マッサージ 土曜午後も診療している多田治療院