パソコンをしていて肩こりになる人はどう姿勢が間違っている?

現代社会の仕事の中では無くてはならなくなったパソコン

しかし、それと共に肩こりが国民的慢性疾患になってきています。

姿勢が悪いと肩こりになりますが、何故なるのか?というと

悪い姿勢とは

 

 

この様になってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

耳穴肩のラインが外れてくると、重さ約4~5キロある頭を引き上げようと首の後ろと肩の筋肉が継続して緊張する為に肩こりが起きるわけです。

姿勢が悪いと肩こり以外に

・肺が圧迫されて酸素の換気がうまくいかず集中力の低下
・体の前側の筋肉が縮む為、胸が垂れる、お腹がブヨつく。
・お腹の中にある下大動脈を圧迫する為、足が冷える。
・立位で重心が外側に寄る為、足が太くなる。
・便秘、下痢、腰痛等

様々な症状を引き起こします。

では、皆さんが仕事中にしている姿勢と正しい姿勢を比べてみてください。

よい姿勢といえば

正しい姿勢で座る

(参照 bauhutte life)

足が地面に届き、膝は90度、そして股関節も90度、耳穴と肩は同じラインにあります。

しかし、パソコンをしているとどうしてもモニターが下になるため姿勢が悪くなってしまいます。

そこで、どうしたら良いか?

「デスクトップ 高さ調整」の画像検索結果

(参照 STARTECH.COM)

画面の高さを上げてあげれば良いのです。

高さは、自分の目が正面を向いて見れる高さです。因みに私がやってみたら、通常から30cm上げました。電話帳三冊分です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後は、前腕(肘)は、机につけて打ち込んだ方が良いです。これは、片腕2.3キロずつが肩からぶら下っているので長時間動かさずに仕事をしていると、血行不良により肩こりが起こるからです。

ノートパソコンを使用している人は、NEVERまとめの自分でつくる!「ノートパソコンスタンド」のつくりかたでブックスタンド300円で出来るのでやってみて下さい。

 

東京都中央区の整体、カイロプラクティック、鍼灸、マッサージ 土曜午後も診療している多田治療院