多田治療院が治療を重視する頭について

当院の整体(カイロプラクティック)の治療で、頭痛、腰が痛い、肩がこる、肘が痛い、膝の痛み、不妊症、坐骨神経痛など何の症状でも必ず頭(首も)治療します。

これには、理由があります。

脳は、体の司令塔です。脳からの指令で筋肉を硬くしたり(縮めたり)緩めたり(伸ばしたり)します。

他にも眠くなる指令を出したり、食欲を出したり、緊張させたり、リラックスさせたりします。

この脳がそれぞれの癖でうまく作用しなくて「慢性的な痛み」や「原因になる事を何もしていないのに痛い」が出現してしまいます。

脳は、酸素不足により機能が低下してしまいます。

通常人間は20%位の酸素で活動しています(空気中/酸素・約20%。窒素・約78%。二酸化炭素他・2%)

この酸素濃度が12~16%になるとドキドキしたり、呼吸数が増えたり、集中力低下、単純計算の間違い、細かい作業能力が低下、筋力低下、頭痛したりします。

酸素濃度9~14%になると判断力低下、不安定な精神状態、異常な疲労感、頭痛、耳鳴り、吐き気、だるい、体温上昇などおきたりします。何もない所で転んだり、階段から落ちるのもこの時です。

この空気中の酸素濃度が変わるのは、高地(山など)に行ったときや低気圧(雨や台風など)になると変わるのですが、それ以外では

首の緊張(こり)や脳の緊張(筋肉)で酸素不足になってきます。

首には

首の動脈

 

 

 

 

 

 

 

頸動脈という脳に酸素と栄養を送る主要道路(血管)があります。

この頸動脈の動脈硬化(血管がコレステロールで硬くなったり、狭くなったりする)や首の筋肉の緊張により血液の流れる量が低下してしまったりすれば、

脳の酸素不足が起こってきて、先ほど書いたドキドキしたり、呼吸数が増えたり、集中力低下、単純計算の間違い、細かい作業能力が低下、筋力低下、頭痛、判断力低下、不安定な精神状態、異常な疲労感、頭痛、耳鳴り、吐き気、だるい、体温上昇などが起こってしまい、身体の回復が低下してしまいます。

頭は、情報を処理する為に

後頭神経

 

 

 

 

 

 

 

色々な神経が通っています。この神経が筋肉の緊張などで圧迫されると

目がピクピクしたり、焦点が合いにくくなったり、頭痛、耳鳴りがしたり、呼吸が浅くなったりします。

その症状が起これば、仕事、作業、勉強効率が低下してフラストレーションが溜まります。そしてどんどん、残業や勉強時間、練習時間が長くなり疲労が回復せず、繰り返されることによって、慢性的な痛み(肩こり、腰痛、肘痛、坐骨神経痛、膝の痛み、不妊症など)が繰り返されるわけです。

多田治療院では、その慢性的な痛みを繰り返し起こさない為に何処の痛みがあろうとも頭と首の治療を行うのです。

慢性的な症状でうんざりされている方は、是非お越しになって下さい。

 

 

多田治療院
住所:東京都中央区新富1-6-1 1F
予約電話:03-3553-8585
営業時間:(月-金)9:00-20:00(木)午後休診・(土)17:00まで
日曜日・祝日はお休みです

予約優先制でほぼ(ずれてもこの20年で5~10分)、時間通りにお待たせすることなく治療を受けられます。

最寄り駅:日比谷線 八丁堀駅より徒歩3分。有楽町線 新富町駅より徒歩3分。京橋駅、宝町からもアクセス可能
※わからない場合はお電話下さい。ご案内させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!