肘の位置が肩こりになるかならないかを決める。

デスクワーク、立ち仕事でも関係なく肩のこる人は多いです。

「肩こりは、姿勢が悪いから」といわれますが、それは主たる原因とは限りません。

実は、肘の位置が重要になってきます。

長い時間デスクワークをしていると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この様な姿勢になります。肩の位置(緑の丸)より肘に位置(赤の丸)が前に出てしまっています。

例えば、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ10分、立っているだけならば肩はこらないですよね?

しかし、

「前へならえ」を10分もしていたら肩の筋肉が疲れます。

これは腕の重さが、片腕で体重の5%といわれています。ですから、体重60キロの人で片腕3キロの重さがあり、両腕で6キロの重さが肩の筋肉にのしかかってきます。

ですから、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肘と肩の位置を一直線にして仕事をすると良いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一直線にしても肘の位置が水平(赤線)下がり過ぎていても肩を引っ張ってしまうので、そういう場合は、姿勢を気を付けるか

 

 

 

 

 

 

こういうもので補助してあげて下さい。

 

多田治療院
住所:東京都中央区新富1-6-1 1F
予約電話:03-3553-8585
営業時間:(月-金)9:00-20:00
(木)午後休診・(土)17:00まで
日曜日・祝日はお休みです
最寄り駅:日比谷線 八丁堀駅より徒歩3分。有楽町線 新富町駅より徒歩3分。京橋駅、宝町からもアクセス可能
※わからない場合はお電話下さい。ご案内させて頂きます。