若い時は妊娠しやすくて、なぜ年々妊娠しにくくなるのか?

「若い時の方が卵子が多いから妊娠しやすいんでしょ?」

勿論、卵子は20代で10万個、30で2~3万個、40代で5~1万個といわれているので年齢が若い方が確立が高くはなります。

当院に来院していた医療系勤務の30代の独身女性(不妊治療とは関係ない治療で)が

「結婚して子供が欲しいので今のうちから卵子を減らさない為にピルを飲んでいます」

とおっしゃっていました。私も一瞬は

「意識高い系女子」

とか思っちゃいましたが、生理を止めちゃうというのは栄養と生育に必要な環境の子宮卵巣の環境を止めてしまうのでよろしくない。

その後、この方は結婚しましたが40代になっても妊娠していないそうです(他人から聞きました)

この例から見てもわかると思いますが、妊娠するのは卵子の数だけではないのです。

では、20代の人と40代の人の大きな違いはなにか?

それは、体力になります。

20代の時に出来ていたことが40代になると出来なくなります。

夜オールしてそのまま仕事とか

油物がそんなに食べられないとか

視力が変化したとか

駆け足が出来ないとか

20代の時には何の気なしに出来ていたことが出来なくなるのが体力の低下になります。

では体力とはなにか?

それは、「回復力」になります。

20代の時は、睡眠不足でもちょっと多く睡眠を取れば回復したり、ちょっとストレッチすれば腰が痛いのが治ったり、食事を控えれば2.3キロ体重が減ったりと回復力があります。これが40代になると生活に気を付けていないと低下します。

では、回復力とはなにか?

それは、「心肺持久力」「筋力・筋持久力」「身体組成」「柔軟性」の4つの要素です。

心肺持久力     肺活量

筋力・筋持久力   筋力

身体組成      筋肉と脂肪のバランス

柔軟性       体の柔らかさ

になります。

これらがあると、体内の循環と代謝が頻繁に行われるので子宮内膜が厚くなったり、卵子が生育しやすくなるわけなんです。

この循環は、鍼灸マッサージ、整体で筋肉を柔らかくすることで向上し、胸や背中の筋肉が柔らかくなれば肺活量も変わります。ですから、不妊症の治療を鍼灸マッサージ、整体では行えるのです。

それ以外でも当院で不妊症の方から取った面白いデータがあるのですが、それは当院で治療して下さっている方だけの秘密で

 

 

多田治療院
住所:東京都中央区新富1-6-1 1F
予約電話:03-3553-8585
営業時間:(月-金)9:00-20:00(木)午後休診・(土)17:00まで
日曜日・祝日はお休みです
最寄り駅:日比谷線 八丁堀駅より徒歩3分。有楽町線 新富町駅より徒歩3分。京橋駅、宝町からもアクセス可能
※わからない場合はお電話下さい。ご案内させて頂きます。

 

次の記事

年内の診療は