パニック症候群と間違えやすい疾患

最近、パニック症候群(障害、心気症、自律神経失調症) の症状

心臓がドキドキする
異常発汗
身震い、手足の震え
呼吸が速くなる、息苦しい
息が詰まる
胸の痛み、不快感
吐き気、腹部のいやな感じ
めまい、不安定感、ボーっとする
死ぬのではないかという恐れ
知覚異常(シビレ感など)

があり、神経内科、心療内科に行かれる方がいらっしゃいます。
しかし、この症状を呈する疾患があります。
それは・・・

パニック症候群に間違われやすい疾患

喘息
不整脈
心筋症
狭心症
心筋梗塞
クッシング症候群
甲状腺機能亢進症
甲状腺機能低下
低血糖
褐色細胞腫
肺塞栓症
メニエール氏病

などがあります。病院での検査はしっかりしておくと良いと思います。

次の記事

パニック症候群