頭痛でこめかみのあたりが痛む人

こめかみ辺りの頭痛を訴える方が来院されました。

頭痛薬を飲んでも効かず、何とかして欲しいということでした。頭痛薬の効かないこの頭痛は、

筋緊張性頭痛

というもので、いわゆる「頭痛」と診断されるものの70%にあたるものといわれ、最も多い頭痛とされています。

ですから、筋肉を柔らかくすれば症状が改善するのですが、どこの筋肉を柔らかくしたか?

側頭部についている筋肉は


になります。
この側頭筋は顎についている咬筋との連動もあるので、この筋肉も緩めていかなければいけません。
それ以外に筋肉が緊張するのは自律神経(自分でコントロール出来ない神経)の緊張があり、その中枢が頚椎(首)にあるので、頚椎の関節を緩める事と頚椎から筋肉で繋がっている肩甲骨の可動域を広め、左右のバランスが悪くなっている股関節を緩める事によって背中の筋肉の緊張を緩めたら、この方は、一回の治療で頭痛の70%が改善しました。次の日には症状が消失したそうです。

筋緊張性頭痛は、これらの筋肉を緩めておかないと筋肉の緊張癖がついて慢性頭痛になるので放っておかないでカイロプラクティック、鍼灸、マッサージの治療する事をお勧めします。

 

ブログは朝の20:00。facebookは10:00には記事を上げています。

東京都中央区の整体、カイロプラクティック、鍼灸、マッサージ 土曜午後も診療している多田治療院