健康な30代の女性が自然妊娠する確立は

20%と言われています。

これは、「日本生殖医学会」からのデータで100人の疾病を抱えていない女性を対象に各年代で出されたデータになります。

そのデータによると健康な30歳の女性が性交渉をもった場合、妊娠する確率は一ヶ月で約20%です。これは、健康な30歳の女性100人が妊娠を目的に性交渉を持った場合、うち20人が妊娠、80人は妊娠しないということです。

ちなみに、20代ではこの確率が約25~20%、30代では約20~10%、40歳になると5%以下になります。健康な40歳の女性が性交渉を持った場合、100人のうち、妊娠にするのは5人未満。残りの95人は妊娠しないということになります。

ですから、不妊治療を始めて3ヵ月で妊娠しないということで焦らなくてもよいのです。

勿論タイムリミットの問題があるので焦るなと言っても難しいのですが、それよりも婦人科でFSH(女性ホルモン、卵胞ホルモン)やE2(卵胞の成長させるホルモン)の数値を見てもらい、婦人科で治療したり、その数値が上がらなかったり、数値が正常なのに妊娠しなかったら当院のようなカイロプラクティック、鍼灸、マッサージ治療院などに行って治療するとよいと思います。

妊娠しにくい人は、年代に関係なく隠れ疲労があるケースが多いです。原因不明の頭痛や腹痛、慢性的な肩こり、腰痛などがあるひとも不妊症になりやすいです。

それらの解消も含めて来院してみてはいかがでしょう?

 

ブログは20:00。facebookは10:00には記事を上げています。

東京都中央区の整体、カイロプラクティック、鍼灸、マッサージ 土曜午後も診療している多田治療院