ビタミンⅭは、毎食必要な理由

 

「ビタミンⅭは毎日摂取してください」という言葉は子供でも知っていると思います。

では、ビタミンⅭは体の中でどの様な効果をもたらしているのか?

ビタミンⅭは

脂質代謝(脂肪燃焼)

ホルモン生成(生殖、成長、免疫力)

コラーゲン生成(骨、皮膚、血管、軟骨の合成)

鉄の吸収を助ける(血液の酸素を取り込む、免疫力、胎児への栄養)

 

等の働きがあります。

腸で吸収され、肝臓に蓄えられます。

ですから、お酒を飲むとビタミンⅭが減ってしまう訳なんです。

腸や肝臓が弱っているとビタミンⅭの吸収率も悪くなってしまいます。

一日の摂取量としては、200㎎/日程度までは90%が吸収されますが、1,000㎎/日以上になると、その吸収率は50%以下になるといわれています。ですから最低200㎎になります。

ビタミンⅭ200㎎は、食品に換算すると

赤ピーマン 170㎎(100g中)

アセロラジュース 120㎎(100g中)

キウイフルーツ 69㎎(100g中)

イチゴ 62㎎(100g中)

焼きのり 210㎎(100g中)

 

などになります。

100gを摂取するのは大変ですが、手を変え品を変えで毎日、出来れば毎食摂取するようにしてみて下さい。

取りすぎる人はそういないと思いますが、腎臓の弱い人は腎臓結石になる事があるので気を付けて下さい。

 

 

ブログは20:00。facebookは10:00には記事を上げています。

東京都中央区の整体、カイロプラクティック、鍼灸、マッサージ 土曜午後も診療している多田治療院