野球、テニス、ゴルフ、バドミントン、卓球選手の肘痛の予防

これらのスポーツをしている人で肘痛を経験している方多いと思います。

「フォームが悪いから」

「オーバーユース(使いすぎ)」

などいろいろな理由があると思います。

しかし私が長年、色々なスポーツをして肘痛になる人を見てきて共通して負荷の掛かっている所を見つけました。

それは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母子対立筋、母指球筋、小指対立筋、小指球筋

です。

この母子対立筋は正中神経、母指球筋は一部尺骨神経の支配なのですが、神経走行が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肘の内側になります。一方、小指対立筋、小指球筋は、共に尺骨神経と肘の内側にある神経になります。

この神経走行を見てもらえれば分かると思いますが、いずれも肘の内側です。

野球、テニス、ゴルフ、バドミントン、卓球は、ボールを握ったり、ラケット、クラブ、バットなどを握るスポーツです。握る回数や疲労度が高ければ高いほど肘の内側の神経が披露し、慢性的に緊張し血行が悪くなり、最初は小断裂を起こし炎症で肘が痛くなり、更に酷くなると回復しなくなり手術で移植などをしなければならなくなります。

では、予防をするにはどうしたら良いか?

それは、掌の親指側と小指側の筋肉を

この様なボール(ゴルフボールでも)でマッサージして神経の緊張を緩和させてあげることです。(このボールを買っていただいても私には何もないです)

当院で来院された肘痛の人には、これらをしてもらっていますが、その後、肘の痛みは出なくなっています(プロの選手にはまだしてもらったことがありません)

ですから、肘の気になる方はやってみて下さい。