自宅で出来る免疫を上げる方法

免疫とは、体の外部から入ってくる細菌やウイルス、病原体などから体を守ってくれる、マクロファージ、樹状細胞、B細胞、T細胞、NK細胞、マスト細胞、好中球、好酸球、好塩基球になります。

これらが、作られるのは、胸腺、骨髄になり、それを運ぶ導線は、血管、リンパ管になります。

ですから、骨髄を刺激して血液循環を良くすると免疫が向上してくるのです。

そこで、自宅で出来る免疫向上の運動。

スクワット

筋肉をポンプすることで血液循環が向上します。人間の体重の約40%は筋肉です。その筋肉の約70%は下半身にあり、そのうちの2/3は

太ももの筋肉になります。
ですから、血液循環を向上するにはまずは

スクワットになります。
筋肉量の多い筋肉を鍛える事が基礎代謝をあげてダイエットに繋がります。

同じ筋肉量を増やすのに腹筋なら500回、スクワットなら15回ですむ

訳です。
どちらを選ぶかといわれれば、時間のない皆様はスクワットになると思います。

では、効果的なスクワットとして、まず初めてスクワットする方はスプリットスクワットをします。
これは

この様に立った状態から膝を落とすスクワットになります。
注意点としては

このスクワットでは、8秒かけて下ろす(上げるのはあまり考えなくて良いです)をまずは左右5回ワンセットで行ったら1分休む。
1分休憩が終わったら左右5回ワンセットを行う。これを出来れば、最初は10分やってみて下さい。出来るようになれば30分!!
テレビを見ながらやってみるとあっという間にできます。

私も15分行ってみたのですが次の日筋肉痛になりました。
筋肉痛になるという事は筋肉が成長する為に必要な状態に持っていけたということになります。
では、

ブルガリアンスクワット
①.台(ベッド、椅子、ソファーなど)につま先、足の甲を乗せる
②.前に出した足(上の図だと右脚)の坐骨に体重を乗せる感じでスクワット
※膝頭がつま先から出ないように注意してください(踵体重にするとやりやすいです。)

これを5秒かけながら降ろす。上げる時も同じ時間を掛けられればかける。最初は出来なければ降ろす方の5秒だけは必ずかける。
これを左右5回行ったら1分休みをワンセットで15分。
これを毎日やってみて下さい。多分その内負荷が足りなくなるのでそうしたら

重りを持つと良いでしょう。

もしここまでの運動が出来ない方、足が悪いという人や運動する時間の無い人は

その場で片足で9秒、反対の足で立って9秒です。

仕組みとして、片足重心になると股関節に体重がかかります。そうすと骨盤が後方下方に回転してきます。骨盤には、広背筋、一緒に回転してくる仙骨には最長筋、腸肋筋などが付いています。

ゆっくり9秒かけてというのは、早くしてしまうと筋肉に力が伝わる前に体重移動してしまうのでゆっくりとして欲しいわけです。

これをすると、病後の体力回復にも良いので(実証済み)手間だけでお金は掛からず体を痛めるリスクがほとんどない方法なのでやってみてください。

 

 

東京都中央区の整体、カイロプラクティック、鍼灸、マッサージ 土曜午後も診療している多田治療院