子宮卵巣に異常が無い人の不妊症改善

「子宮卵巣に異常が無い」「精子に異常が無い」

にもかかわらず妊娠しないという方がとても多いです。不妊症の治療期間は、平均で5年といわれていますが、当院では平均2年以内です。

では、この原因不明の不妊症をどのように捉えて治療しているのか?

当院では、異常が無いのに妊娠しない方は、

体に元気がない

子宮卵巣が硬い

この2点を改善するように治療しています。

体に元気がないともう一つの生命を宿すのに無理があるので妊娠しないのです。では、元気が無いという事を自覚する出来事とは?

冷えのぼせ
鼻水がたれる
腰の痛み
つまずく
足がつる
頭痛
物をよく落とす
朝起きれない
夜眠れない
体がかゆい
便秘、下痢

などになります。
これらは、病院の検査では出ませんが体力の低下により出現する症状になります。

子宮卵巣が硬いというのは、栄養と生育に必要な環境の子宮卵巣が硬く、血液の流れが良くないと妊娠定着しないから、ここを柔らかく赤ちゃんに心地よいベッドを作り上げていくのです。

人間の血液は120日(4ヶ月)で入れ替わると云われていますので、体質を改善するには、週に2回、4ヶ月通っていただければ変わります。

当院では、治療で服を脱いだり切ったりするような事はしないので安心して通院して下さい。

 

多田治療院
住所:東京都中央区新富1-6-1 1F
予約電話:03-3553-8585
営業時間:(月-金)9:00-20:00(木)午後休診・(土)17:00まで
日曜日・祝日はお休みです
最寄り駅:日比谷線 八丁堀駅より徒歩3分。有楽町線 新富町駅より徒歩3分。京橋駅、宝町からもアクセス可能
※わからない場合はお電話下さい。ご案内させて頂きます。