怪我は防げる

歩いていて転ぶ、スポーツで足首をひねるなどのケガは防ぐことが出来ます。

怪我にも色々な理由があります。
体が接触するスポーツ(格闘技、ラグビー、サッカー、アメフトなど)の場合の怪我は、人と人がぶつかって起こる事故になります。
これは、全てを察知するのは難しくなります。

しかし、体が接触しないスポーツ(陸上競技、野球、ゴルフ、水泳、ダンスなど)の場合は、事故というよりは怪我なんです。

それは、「怪我」という漢字を分解してみると分かります。

怪しい、我(自分)と書いて怪我になります。英語でもinjuryこれは、in(自分)jury(判断、審査)という意味になります。

ですから、本当は怪我はする前に自分で体が怪しいと思ったり、審査、判断できたりします。

例えば、昨日試合をした、寝不足したなどでは、体が疲労しているのでいつもの1.7倍で怪我をしやすく、その前日も練習の疲れが取れていないとか筋肉痛があるとかあると1.7倍、3日前に仕事が遅くなった、塾、学校のテストがあっていつもより疲れたとかあると1.5倍怪我しやすく、3日間の疲労が続いていると怪我をする確率が3.2倍も上がってしまいます。

その怪我をする確率を下げるために、プロスポーツ選手はトレーナーを付けて毎日マッサージをしたりして疲労を抜いています。

一般の学生、社会人、趣味でやっている運動でも疲労を貯めると怪我をしてしまい、最悪好きな事を諦めなければいけなくなってしまいます。

怪我をしない為にも少なくとも強い練習をした日や試合の3日前には、鍼灸マッサージ、整体に行って体の疲労を抜いて怪我をしない体にしましょう。

自分では体の疲労を気付くのは難しいのでプロの力を借りましょう。

 

多田治療院
住所:東京都中央区新富1-6-1 1F
予約電話:03-3553-8585
営業時間:(月-金)9:00-20:00(木)午後休診・(土)17:00まで
日曜日・祝日はお休みです
最寄り駅:日比谷線 八丁堀駅より徒歩3分。有楽町線 新富町駅より徒歩3分。京橋駅、宝町からもアクセス可能