最近よくある胸の痛み

胸の痛みは、とても不安になる症状です。急いで病院で検査される方も多いと思います。

しかし、検査などで特に重大な疾患が見受けられなく鎮痛剤などを処方されて終わる方も多いと思います。では、最近ある胸痛の原因とは何か?

原因が限定されない胸痛。しいて病名をつけるなら肋間神経痛

だと思います。
この寒くなった時期に女性や痩せている男性、妊婦40歳以降の方などに多く見られます。
では肋間神経痛とは何か?

症状としては、肋骨に沿って片側にでる発作性の激痛になります。

原因は、不明が5割です。原因が解っているものでは心疾患(狭心症など)肝疾患(脂肪肝による圧迫など)すい臓疾患(膵炎など)肺疾患(胸膜炎など)肋骨骨折、ヘルペス、妊娠など様々な原因があります。

重大な疾患であると困るので一度は病院で診察していただくと良いと思います。

では、原因不明の肋間神経痛の場合は当院ではどのような考え方をするのか?

ここのところの肋間神経痛の原因として

咳(風邪、喘息など)

食べすぎ

この2つが大きく原因しています。

咳(風邪、喘息など)
これは、咳により肋間筋が収縮したまま広がることが出来ず緊張したままになり肋間神経痛が出現します。

食べすぎ
食べ過ぎると胃の容量がいっぱいになります。そうすると、胃と隣接している横隔膜の動きに制限が生じます。そうすると呼吸筋の肋間筋の動きが悪くなり神経痛が出ます。
又、胃に沢山食物が入っていると体を伸ばせず前かがみになります。体が前かがみになれば、真っ直ぐにしようと体を踏ん張るので肋間筋に緊張が走り症状が出ます。

これらは、鍼灸、マッサージ、カイロプラクティックで治療するのが早く回復する方法だと思います。

多田治療院
住所:東京都中央区新富1-6-1 1F
予約電話:03-3553-8585
営業時間:(月-金)9:00-20:00(木)午後休診・(土)17:00まで
日曜日・祝日はお休みです
最寄り駅:日比谷線 八丁堀駅より徒歩3分。有楽町線 新富町駅より徒歩3分。京橋駅、宝町からもアクセス可能
※わからない場合はお電話下さい。ご案内させて頂きます。