めまいの種類と原因と治療

来院される方の症状として多いめまい。

では、めまいにはどんな種類があるのか?

・回転

・動揺
・浮遊
・沈性

大きく分けて4種類あります。
これらの特性と治療について説明していこうと思います。

自分自身や周囲が、グルグルまわる感じのめまい。回転性のめまいになるのですが、これは主に前庭神経や三半規管に問題が生じているものだと思われます。

前庭神経とは

耳の鼓膜の奥のかたつむりの形をした蝸牛のさらに奥にある神経で

この神経に異常をきたすのはひどい風邪が長引いた時や平らなところで慢性的につまずいてしまう人が多くみられます。これは、前庭神経が運動神経と密接なつながりがあるからなんです。

三半規管とは、皆さんも知っての通り平衡感覚を司る器官です。有名な病名としては、メニエール氏病というのがあります。この病気は、三半規管の内部のリンパ液の量が増えすぎると起きてきます。ただ何故増えるのかは不明なんです。

では、この回転性めまいに対してカイロプラクティックではどの様に治療していくのか?

ぐるぐるまわるめまいの原因は、

前庭神経と三半規管と書きました。カイロプラクティックでこの部分に触れる事は不可能です
ただ、前庭神経は運動神経と密接なつながりがあり、その運動神経は脳神経と脊髄神経から構成されていて、これの神経のある場所が背骨の首から腰の部分になります。
ですから、この部分を治療することが前庭神経を回復させるのに繋がるわけなんです。

三半規管は、同じように耳の奥深くにあり直接触れることは出来ないのですが、平行をつかさどる器官ですので、体のほかの部分にも平行を保つのに使われている骨があるので、カイロプラクティックだとその部分のバランスを取り間接的ですが、三半規管の回復を図っていきます。

頭や体がフラフラする感じで、歩くとふらつくめまい

これは、あくまで人それぞれの感覚なので判断するのが難しいのですが、慢性的なメニエール氏病や高血圧の薬、安定剤などの薬の副作用により起こるものなどがあります。
午前中フラフラする症状は、薬の副作用による場合が多いです。

それ以外には、低血圧、寝不足、起立性貧血などで起こす場合があります。

では、カイロプラクティックではどの様に治療するか?

頭や体がフラフラする感じで歩くとふらつくめまいの原因で高血圧や安定剤などの薬によるものは、それを出してくれている医師薬剤師に相談していただいています。薬剤によるふらつきは、以外に服用する時間で解決する場合が多いです。

メニエール氏病でふらつく場合、原因が内耳の内リンパ水腫なので、カイロプラクティックでは、首肩耳のリンパ液の循環を改善することに努めます。水腫の圧迫により起きているものだと比較的改善しやすいです。

低血圧、寝不足、起立性貧血などで起こすめまいの場合は、体を支える力を改善させるとめまいを起こしにくくなりますが、基本的に体質改善を行っていかないと根本的な治癒が望めません。
めまいは、治らないものではないので根気良く治療していくと予後も良好なので頑張ってみてください。

浮遊性めまい

は動揺性めまいと症状の判別が個人の表現感覚によるものなので難しいです
ただ、立位でふわふわするのか?座位でもふわふわするのか?でも違ってきます。
脳疾患、薬の副作用、低血圧、寝不足、起立性貧血などもあるかもしれないので一度病院で検査してみると良いと思います。
カイロプラクティックの治療としては、動揺性のめまいと同じ治療を行っていきます。

膝からガクッと抜けるような感じで起こる物ものや立ち上がった瞬間にクラっとくる感じのめまい。これらは、、起立性低血圧症、起立性血圧調節障害などと呼ばれます。

脳疾患や婦人科疾患などでもこの症状は出てくるので一度は病院で診察を受ける事をお勧めします。特に高齢で高血圧症・脳動脈硬化症のある人は、注意してください。

では、そのどれにも当てはまらないで起こる立ちくらみはどの様なものなのか?

病院の検査などでは出にくいものとして脳貧血があります。

これは、急に立ち上がったり、起きあがったりしたときに、血圧が下がり、特に脳への血液が不足し、一次的に虚血状態に陥る事をいいます。
検査などで血液自体の問題である貧血よりも血液成分には全く関係ない血液循環の問題の脳貧血が多いです。原因としては、低血圧、自律神経の問題が多いです。

カイロプラクティックの治療としては、自律神経の問題を改善する為に首(頚椎)の治療と頭蓋骨の治療を中心に行っていきます。首の一番上の骨(頚椎1番)には、自律神経の中枢へと
繋がる脳幹が出てきています。ですから、この部分の治療は必ず必要となります。
頭蓋骨の治療は、全身の血流を良くするために必要な治療となります。

当院に来院されている方もこれらの治療で約80%の人は改善してきているのでどこに行っても変わらない方は是非、カイロプラクティックに行ってみて下さい。

多田治療院
住所:東京都中央区新富1-6-1 1F
予約電話:03-3553-8585
営業時間:(月-金)9:00-20:00(木)午後休診・(土)17:00まで
日曜日・祝日はお休みです
最寄り駅:日比谷線 八丁堀駅より徒歩3分。有楽町線 新富町駅より徒歩3分。京橋駅、宝町からもアクセス可能
※わからない場合はお電話下さい。ご案内させて頂きます。