努力しているのに太る!!

夏に向けてダイエットに励む人は多いと思います。しかし、食事&運動気をつけているのに太るという方も多いと思います。

ダイエットで食事&運動以外で気をつけなければいけないことがもう一つあります。
それは、

睡眠不足です。

では、睡眠をどのようにすればよいのか?

これは、アメリカ政府の健康栄養調査に参加した
1万8000人(32~59歳)のデータを分析した
結果・・・

睡眠が7~9時間の人に比べて

睡眠4時間以下:73%

睡眠5時間程度:50%

睡眠6時間程度:23%

体重の増加が見られたそうです。

体重増加はなくとも睡眠不足をすると血中脂肪濃度も高くなり、動脈硬化、血栓、高血圧のリスクも高くなる
そうです。

なかなか7~9時間睡眠を取るというのは難しいですがその時間になるべく近づけるように睡眠を取りたいものですね。

では、なぜ睡眠不足をすると太るのか?

これには2つ理由があります。

一つは、睡眠不足をすると食欲を抑えるレプチンという物質の血液中濃度が低くなって、食欲を促進するグレリンという物質の濃度が高くなるからです。

もう一つは、コルチゾールというホルモンで、体に蓄積されているブドウ糖や脂肪などを、寝ている間に燃焼するように促すホルモンです。
このホルモンが睡眠を取り始めて3時間後から放出され始めます。

これで睡眠を取らないと太りやすいということは理解していただけたと思います。では、どのような睡眠の取り方をすればよいのか?

良い睡眠の取り方として

睡眠のゴールデンタイムはPM11:00~AM3:00ここは、脳の中を整理したり、朝6時から起きていると
ちょうど24時間の中で4分の3経過していて脳の疲労もピークを迎えるので6時に起きる人はPM11:00、7時に起きる人はAM0:00に入眠すると良いです。

AM3:00~AM5:00は、前回書いた脂肪を燃焼するホルモンが作られる時間なので、そこは寝ていて欲しいです。例え太らなくても、隠れ肥満(血中コレステロールなどが上昇するなど)が進行する確立が高くなります。

睡眠時間は不足もダメだが多すぎてもダメ。
睡眠時間が4時間以下だと体内のインシュリンがブドウ糖の代謝を正常に行えなくなり、太りやすくなり、睡眠時間が8時間以上だと睡眠中に休んでいる神経中枢が制御された状態になるので、体の各機能の反射が鈍くなって太りやすくなるという結果がでています。

ダイエットをしているのになかなか結果の出ない人は見直してみてください。

多田治療院
住所:東京都中央区新富1-6-1 1F
予約電話:03-3553-8585
営業時間:(月-金)9:00-20:00(木)午後休診・(土)17:00まで
日曜日・祝日はお休みです
最寄り駅:日比谷線 八丁堀駅より徒歩3分。有楽町線 新富町駅より徒歩3分。京橋駅、宝町からもアクセス可能
※わからない場合はお電話下さい。ご案内させて頂きます。