四十肩 五十肩という診断で整形外科から転院して下さった

52歳男性。正式名称は、肩関節周囲炎、癒着性肩関節包炎などといわれます。

肩関節包滑膜に慢性的炎症が起こり、癒着して滑膜の運動制限を生ずる。というように云われます。

何故、この症状を発症するかは、未だに原因不明です。

しかし今一番有力な説は、四十肩、五十肩という俗称のように、好発年齢が40~50代です。

大人になると子供のように鉄棒にぶら下がったり、毎日キャッチボールをしたりしないと思います。

そして、人間の腕はつねに肩からぶらさがった状態で、腕の重さは体重60キロの人で片方約3キロ。肩関節は何もしていなくてもこの重さを支えています。

その重さと運動不足が肩の筋肉の血行不良と筋力低下を起こして、肩を上げると痛い、という症状を引き起こしていると思われます。

ですから、「野球選手が四十肩で肩があがらない為、今シーズンからサイドスローになりました」という報道を聞かないのは、仕事で使っているからだと思います。勿論使いすぎれば、筋疲労を起こし、切れてしまったりして移植をしなければいけないケースもありますが・・・

で、この男性に施した治療は、まず、症状が側方挙上痛及び困難というのがメイン症状だったので肩の側方挙上に関する筋肉(三角筋、大胸筋、小、大円筋、棘下筋、棘上筋)のどの筋肉に硬さや筋力低下をチェックしながら、マッサージし、これらの筋肉の神経支配は首の4,5,6,7番なので、動きをつける治療をしました。

皆さんもやってみるとわかると思うのですが、姿勢を正した状態で手が耳の横まで来る様にバンザイ(水泳でいう、ストリームライン)するのと、猫背になって同じようにするのでは、姿勢が真っ直ぐなった状態の方が、手が良く上がります。

ですから、姿勢を真っ直ぐ維持する為の腰の骨の3番に動きが付くように治療しました。

この男性は、楽になったようで、次回の来院の約束をしてくださいました。

よく四十肩、五十肩は一年位放って置いたら治った。とか聞きますが、

仰向けに寝てバンザイをしてみて下さい。腕が耳の横に来なければ、それは、老化して固着した状態だと思ってください。片方の四十肩、五十肩をやった人は、次は反対側の肩を痛める可能性が高いです。

肩の痛みは、直接、生死には関わりませんが、それによって肩が使いにくくなり、姿勢が曲がり、首肩が凝って、血圧が上がるというようなケースは少なくありません。

治療に行け!とは言いませんが、自分でも良く動かしてケアしてあげて下さい。自分でケアするのが面倒くさい、痛みが酷くてという人は、治療に通っていただくのが、ベターだと思います。

多田治療院
住所:東京都中央区新富1-6-1 1F
予約電話:03-3553-8585
営業時間:(月-金)9:00-20:00(木)午後休診・(土)17:00まで
日曜日・祝日はお休みです
最寄り駅:日比谷線 八丁堀駅より徒歩3分。有楽町線 新富町駅より徒歩3分。京橋駅、宝町からもアクセス可能
※わからない場合はお電話下さい。ご案内させて頂きます。