関節の痛みとコラーゲン、グルコサミン、コンドロイチン

患者さんに

「軟骨が減って関節が痛いんだけど、グルコサミンがいいの?買って飲んだ方がいい?」

と聞かれます。今回はこの事について説明させて頂きます。

膝や肘、腰の関節には、軟骨があります。

この軟骨は、コラーゲンとプロテオグリカンという2つでほぼ構成されています。

コラーゲンは、軟骨でプロテオグリカンは、関節の動きを滑らかにする潤滑水(油)の役割をしています。そのプロテオグリカンを構成する中にグルコサミン、コンドロイチンがあります。

軟骨 コラーゲン
関節
プロテオグリカン=潤滑油(水) グルコサミン
コンドロイチン

 

グルコサミンはプロテオグリカンの基本となる成分で、コンドロイチンやヒアルロン酸の原料になります。

コンドロイチンは水を引き寄せる働きがあります。軟骨を潤滑させる為に必要になります。

ですから、もし「関節が減って痛みがある」というならば、コラーゲンを摂取するのが正解です。

そして、コラーゲンはタンパク質の一種で身体のタンパク質の約30%を占めています。肌にばかり関係深い成分のように思われがちですが、骨や関節、血管壁、髪、筋肉、歯、腱、など身体のいたるところに使われています。

たんぱく質摂取量としては、ざっと

体重=g(グラム)

と考えてください。

例として、体重50kgの人の一日たんぱく質摂取量

品目 タンパク質量
ご飯 300g 7.5g
焼き鮭 70g 15.8g
納豆 1パック 12.4g
牛乳 コップ2杯 13.2g
48.9g

 

これでたんぱく質量48.9gなので体重50kgの方は少し足りません。多すぎれば太ります。このあたりを参考までにたんぱく質摂取を考えてみてください。