自転車(自動車)での交通事故

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、私もそうなんですが自転車通勤の方が増えてきています。それに伴い、自転車の交通事故が当院でも多く来院されます。

よく、外傷(骨折、擦り傷など)が無ければそのまま放置される方が多いのですが、あまり良いとはいえません。

確かに警察を呼んだり、診断証を書いてもらう為に病院に行ったりと面倒臭いですが、以外に外傷は無くても体の中にダメージは残っています。

では、どの様なダメージが残るのか?

自転車だけではなく、全ての事故に云えることですが、その場では痛くなくても後で痛みが出ることが多いです。これは逃避(回避)姿勢といって、事故の瞬間

「危ないっ!!」
と体を事故から避けようとする姿勢になります。

人間は本能的に頭部を守ろうとする為に顔を反らします。その瞬間に事故に遭う為むちうちが多くなるのです。

自転車の場合は、自動車事故と違い体がむき出しの為、事故に遭うと転倒も加わります。
軽い転倒でも逃避姿勢で体が固まった状態で転倒するので体に加わるダメージも大きいわけなんです。

ですから、万が一事故に遭ってしまった場合は早いうちに体のケアをしておいた方が後に症状を出さずに済むと思います。
何せ4回も交通事故に遭っている私が云う事なので間違いないと思います。