コレステロールはどのくらい溜まると危ない?

男女かかわらず、健康診断で「コレステロールが高いから気をつけてください」といわれる人がいると思います。

では、コレステロールとは?

実は、コレステロールは細胞の働きにかかわり血管を強化したり、胆汁酸(食物脂肪を吸収しやすくする酸)やホルモンを作る大切な物質でもあります。


ではどのくらい溜まると人体に害になるのか?

コレステロールには、脂肪酸と結びついたエステル型と別々に分かれた遊離型とがあり、あわせて「総コレステロール」といいます。

健康な人の血液中の総コレステロールの平均値は、1㎗中190mgで220mg以下なら正常値範囲内です。
肥満、糖尿病、ネフローゼ、甲状腺機能低下症の人などはもっと高い数値になります。
又、良く聞く比重の低いコレステロールを「悪玉」比重の高いコレステロールを「善玉」といいます。

悪玉(LDL)
は、動脈の内壁に蓄積されて動脈硬化の危険因子になりますが、

善玉(HDL)
は、悪玉が蓄積されるのを防ぐ働きをします。
善玉が少なすぎると心筋梗塞、脳血栓症、高脂血症のリスクが高くなります。

善玉は、男性1㎗中40~60mg、女性1㎗中50~70mgあれば安心です。
総コレステロール値が高い人は、牛肉、豚肉、卵などの動物性脂肪の取りすぎに気をつけて
適度な運動をしていただくことが必要になります。

なにがともあれ「未病を防ぐ」(病気になる前に対処)ことがより良い人生をすごせると思います。