坐骨神経痛の原因になる筋肉

お尻から坐骨、太ももの裏まで痺れたり痛みの出る坐骨神経痛

では、坐骨神経痛ではどこの筋肉に負担が掛かっているのか?

坐骨神経は

 

 

 

 

 

 

この様に通っています。この神経ラインにある筋肉は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梨状筋、大腿二頭筋

 

 

 

 

 

 

 

 

膝窩筋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下腿三頭筋(アキレス腱までも)を走行しています。

これらの筋肉の中で先ずは、症状の出ている筋肉を治療では緊張しているのか、弛緩(弱く)なっているのかをチェックして治療していきます。

症状が出ている所の筋肉が治療出来たら、その上下の筋肉を治療します。これは、症状の出ている所の上下の筋肉でけん引される力が掛かり、筋肉が引っ張られて坐骨神経を圧迫して症状を出現させているかもしれないからです。

これらを治療できるのは、カイロプラクティック、鍼灸、マッサージだと思いますので、この勉強をしている治療院に早めに行ってみてください。早ければ早いほど回復は早くなります。

 

 

 

ブログは20:00。facebookは10:00には記事を上げています。

東京都中央区の整体、カイロプラクティック、鍼灸、マッサージ 午後8時まで診療している多田治療院