在宅勤務、テレワークでするべき腰のストレッチ

 

濃厚接触や感染拡大を防ぐ為に在宅勤務やテレワークの人が増えています。

家の机は長時間仕事をする為の物を備えている方も少なく、又、会社と違い集中して仕事をし過ぎて立ったり座ったりすることも少なく、肩こりや腰痛になりやすくなっています。

そこで、簡単に自宅で出来る腰のストレッチを一つだけ

それは、腰を

左右片側ずつ側屈する。

これは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰方形筋をストレッチするのと

 

 

 

 

 

筋肉が収縮して神経を圧迫しているものを開放する為に行います。

因みに腰が痛い時は

腰をひねるストレッチはよろしくありません。

椎間板はねじれると

脱出(ヘルニア)してしまうからです。

腰の側屈のストレッチは1時間に一回片側8秒ずつ、角度を変えて5回ずつ行ってみて下さい。

それでも腰が重かったり、痛い場合はカイロ、鍼灸、マッサージにいらして筋肉の緊張を開放してあげて下さい。そうでないと慢性的な腰痛が酷くなってしまいます。