一回の飲み会で色々な種類のお酒を飲む事

飲酒についてかなり多く書いていますが、それだけ肝臓はかなり重要な器官なんです。

出来るだけ負担を少なくする為に色々書いています。

今回は、「酒をチャンポンで飲むと体に悪いか?」

散々飲みまくった翌朝、二日酔いになって
「いやーチャンポンしちゃったからねぇー」
なんて事が飲酒する人は、一度くらいあると思います。

では、ほんとうにチャンポンで飲むと悪酔いするのか?

チャンポン(色々な種類の酒類を混同して飲む)は実際に体にはものすごい負荷がかかります。

なぜなら、酒の種類によってアルコールの濃度が違います。
濃度が違えば、肝臓はそのたびに適応して分泌する分解酵素の濃度を変えていかなければならないからです。

また、お酒には糖分、アミノ酸、コハク酸などの100種類もの有機物質が含まれていますが、これもお酒の種類が違うと変わります。
数種類のお酒をチャンポンで飲めば何百種類にもなります。
これらに対して肝臓は、一つ一つ対処して毒を消したり、有用なものは吸収したりと、フル回転で働き詰めなくてはいけないのです。

脳や神経機能はほろ酔い加減で能力が低下しているのでとても大変です。

同じ量のアルコールを飲んだとしても、肝臓にかかる負担はこのような理由でチャンポンにしたほうがグッと大きくなり悪酔いしたり二日酔いになったりするわけなんです。

ですから、できるだけチャンポンしないほうがまだ、肝臓にかける負担が少なくてよいので気をつけてください。

多田治療院
住所:東京都中央区新富1-6-1 1F
予約電話:03-3553-8585
営業時間:(月-金)9:00-20:00(木)午後休診・(土)17:00まで
日曜日・祝日はお休みです
最寄り駅:日比谷線 八丁堀駅より徒歩3分。有楽町線 新富町駅より徒歩3分。京橋駅、宝町からもアクセス可能
※わからない場合はお電話下さい。ご案内させて頂きます。