肩をマッサージしてもらって2日間は楽だった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肩こりの症状で

「治療してもらって2日間は楽だったけど、又肩こりがします。」

という方がいらっしゃいました。

肩こりの症状をおっしゃられる患者さんの大多数の人は、このケースです。

では、何故2日後に又肩こりがしてしまうのか?

この2日後に再び肩こりを起こしてしまう人の場合は、日常の体の使い方に間違いがある為、肩こりを再発してしまうのだと思います。

姿勢では、

 

 

 

 

 

肩甲骨が上がると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僧帽筋(皆さんが肩こりすると触る筋肉)が常に縮んでしまい筋肉が緊張して肩こりを発症します。気づいた時は、肩甲骨を下げましょう。

ただし、腕には重さがあります。片腕の重さは体重の5%といわれています。ですから、体重60キロの人で片腕3キロの重さがあり、両腕で6キロの重さが僧帽筋に掛かってきます。

ですから、デスクワークの人は、出来るだけ


肘を付いてパソコンをするか

この様な物や

この様な物や肘掛椅子を使うと良いと思います。

2日間で肩こりが再発するということは、体に悪い癖がついているということもあるので、慢性の肩こりを治す為には、カイロプラクティック、鍼灸、マッサージ、整体などの治療を短期間で受けて体の悪い癖を矯正すると肩こりは治ってきます。

スポーツやダンス、語学、音楽などの習い事も週に1回よりも多い方が習得は早いです。

治療でも脳が正しい癖を認識して定着するのに48~56時間掛かります。ですから当院では、週に2回を6週間という治療を行えば必ず現状の症状より改善してくると伝えています。

後は、皆様それぞれの都合があるので強制はしませんが、結局、その後慢性化してトータルで掛かるお金としては早めに正しい癖をつける治療の方が掛からないので皆さんも考えてみてください。

 

ブログは朝の8:00。facebookは10:00には記事を上げています。

東京都中央区の整体、カイロプラクティック、鍼灸、マッサージ 夜は8時、土曜午後5時まで診療している多田治療院