在宅勤務はダイエットチャンス

今回のコロナウイルスの影響で週に2,3回、テレワークや在宅勤務になった方が当院でも多くいらっしゃいます。

この在宅勤務、テレワークはダイエットのチャンスです。

それは、なぜか?外食が少なくなるので

食事管理が出来るからです。

ダイエットで重要なのは食事管理になります。

これは、当院に来院されたボクサーの方からお話を伺って目からうろこが落ちたのですが、

「ボクサーは、毎日走ったり、筋トレしたりトレーニングしているけど最後の体重調整は、食事(栄養)と水分調整ですよ」

あしたのジョー】 [感想] [ネタバレ]「好きなシーンってどこ?」名無し ...

というお話でした。

ボクサーは、走ったり、筋トレしたりでラウンドをこなせるスタミナを上げたり、パンチ力を上げたり・・・もちろんその中で体重も減ってはいきます。

しかし、そんなにトレーニングしているのに体重が増え過ぎない為に食事にかなり気を付けているそうです。それで、自分の階級(理想体重)に持っていけるという事だそうです。

話はそれましたが・・・

今、在宅勤務、テレワークが増えてきて不要不急の外出自粛が要請されているので

「三食の食事管理がしやすくなっています。」

改めて食事を見直してみると体重5キロ位は落とせると思います。

そこでボクシングを参考とした平均身長と体重

階級 身長 体重
ミニマム級 155~157cm 47.63kg以下
ライト・フライ級 158~160cm 47.62kg~48.99kg
フライ級 161~162cm 48.99kg~50.80kg
スーパーフライ級 162~163cm 50.08kg~52.16kg
バンタム級 163~165cm 52.16kg~53.52kg
スーパーバンタム級 165~167cm 53.52kg~55.34kg
フェザー級 167~169cm 55.34kg~57.15kg
スーパーフェザー級 169~171cm 57.15kg~58.97kg
ライト級 171~173cm 58.97kg~61.23kg
スーパーライト級 173~175cm 61.23kg~63.50kg
ウェルター級 175~177cm 63.50kg~66.68kg
スーパーウェルター級 177~179cm 66.68kg~69.85kg
ミドル級 179~181cm 69.85kg~72.57kg

(あくまで男子の階級なので女子も参考までに使って下さい。)

ボクサーはこれで試合が出来るので健康を害さない体重だと思います。

バランスの良い摂取栄養PFC

Pは、プロテイン(たんぱく質)

Fは、ファット(脂質)

Ⅽは、カーボ(炭水化物)

の略で、健康を維持していく上で、主なエネルギー源となる3大栄養素です。

通常の食事で理想とされるPFCバランスは15:20:65くらいになります。「厚生労働省が出しているエネルギ産生量バランス」で生活習慣病等を予防し、栄養の偏りを防ぐのに最適とされている割合になります。

あなたの一日の必要エネルギー

理想体重x25=一日に必要なエネルギー

これを使って、例えば 身長160cm 体重60kgの人の場合

理想体重は((あなたの身長-100)x0.9=あなたの理想体重) 

160-100=60 60x0.9=54kgが理想体重

あなたの一日必要エネルギー 54x25=1350kcalとなります。

このエネルギーにPFC(15:20:65)を当てはめて食事をしてみて下さい。私もやってみましたが圧倒的に脂質(FAT)が多かったです。

コロナウイルスによる自粛明けには健康的な素敵な体になって生活を取り戻しましょう。