貧血と内臓下垂と坐骨神経痛

前回の坐骨神経痛になる原因の一つに内臓下垂があり、内臓下垂になる要因の一つに貧血があります。

貧血によりコラーゲンの力が低下して内臓を支える組織自体が弱くなり、下垂してしまうというものです。
ということで貧血について

貧血は、血液の成分の約45%位が赤血球になります。
この赤血球が全身の細胞、内臓に酸素を運ぶ働きをしているので、赤血球が不足する事で体内の細胞が酸欠状態になる為、貧血になるというわけなんです。

では、貧血にはどのような種類があるのか?貧血の種類は大きく分けて6種あります。

1.鉄欠乏性貧血貧血

貧血の殆どをこの鉄欠乏性貧血のことを指すケースが多いです。鉄欠乏性貧血は、体の中の鉄分が不足することによって赤血球の中のヘモグロビンが作られなくなり、赤血球が小さくなってしまったり、赤みが薄くなったりします。
そうすると赤血球の働きである酸素を体内に運ぶ事に影響が出て貧血症状(動悸、息切れ、めまいなど)が出現します。
鉄欠乏性貧血は男性よりも女性に多くみられます。
これは、月の物(月経)が関係しているといわれています。

2.再生不良性貧血再生不良性貧血

骨髄機能低下によって起こる貧血です。赤血球を作る骨髄が障害を受けたり、赤血球のもとである赤芽球に何らかの原因があって、赤血球が十分に作ることができなくったために起こります。
原因は、先天性と後天性がありますが先天性は稀ですが原爆やチェルノブイリなどの放射能を浴びたことにより
生まれてきた子供がなるケースや誤って放射能を浴びたことによりなるケースがあるようです。

3.ビタミンB12欠乏性貧血

葉酸欠乏性貧血ビタミンB12欠乏性貧血や葉酸欠乏性貧血の事を、巨赤芽球性貧血とか悪性貧血ともいわれます。ビタミンB12欠乏性貧血はビタミンB12が欠乏、葉酸欠乏性貧血は葉酸が欠乏することで起こる貧血です。
このビタミンB12や葉酸は、脊髄で赤血球が作られる際に必要なため、ビタミンB12や葉酸が欠乏することで赤血球の生産が減少して貧血を起こします。
ビタミンB12欠乏性貧血は胃の手術をした人や高齢者の方がB12を吸収しにくいのでなりやすい他に、最近では乳がんを患っている方が吸収力が低下しているとの発表がありました。
葉酸欠乏性貧血は慢性アルコール中毒や慢性肝疾患、妊婦の方に起こりやすくなっています。

4.続発性貧血続発性貧血

疾患が原因となって起こる貧血です。
疾患としては、心臓病や肺、腎臓、肝臓などの病気や、リウマチ、がん、寄生虫などの慢性感染症などが続発性貧血を引き起こす原因となっています。
原因となる疾患の治療をすることで貧血も治まります。
妊娠することによって妊婦さんが貧血になることもよくあるが、これも続発性貧血に含まれます。

5.溶血性貧血(ようけつせいひんけつ)

赤血球が破壊されて起こる貧血です。
古くなった赤血球は肝臓や脾臓で壊されます。赤血球の破壊と生産のバランスが崩れるとこの貧血になります。赤血球が破壊されることを溶血と言います。

原因は生まれつきの先天性溶血性貧血と、細菌感染、何らかの毒素、自己免疫性による後天性溶血性貧血に分けられます。

6.失血性貧血

急性失血性貧血と慢性失血性貧血に分類されます。
急性失血性貧血は、大けがをしたり、手術をした場合に、大量の出血によって一時的に赤血球を失ってしまいます。
慢性失血性貧血は、胃潰瘍や痔、月経過多などで長時間にわたって少しずつ出血します。
女性に多い鉄欠乏性貧血の根本的な原因は失血性貧血のケースに分けられる事が多いです。

貧血は、基本的に西洋医学(投薬、手術)が適応になります。しかし、今回の種類の中に入らない貧血もあります。それは、

疲れによる酸素吸収不足
全身の血流の悪さ

からくる貧血です。

この2点に関しては、カイロプラクティック、鍼灸、マッサージが適応になります。
そのほかにも胃炎、胃弱により貧血になるものも予め治療により回復しておけば、その後に胃がん等に進行せずに済む場合も多いんです。
勿論、治療のみならず生活の改善をしていかなければ症状の改善や回復は見込めません。
その指導やリラックスを含めて、カイロプラクティック鍼灸、マッサージ等は受診するに値すると思います。

多田治療院
住所:東京都中央区新富1-6-1 1F
予約電話:03-3553-8585
営業時間:(月-金)9:00-20:00(木)午後休診・(土)17:00まで
日曜日・祝日はお休みです
最寄り駅:日比谷線 八丁堀駅より徒歩3分。有楽町線 新富町駅より徒歩3分。京橋駅、宝町からもアクセス可能
※わからない場合はお電話下さい。ご案内させて頂きます。

次の記事

肋間神経痛の原因と改善