風邪のメカニズムと治す事に必要な事

風邪の80~90%は、ウイルスが原因で起こることが明らかになっています。

ウイルスには数え切れないほどの種類があります。
インフルエンザ、パラインフルエンザ、RS、アデノウイルス、ライノウイルスなど、ウイルスの違いによって現れる症状は違ってきます。

例えば、インフルエンザによって起こる風邪は熱が高く、頭痛、身体のだるさ等の全身症状が強いのが特徴です。
これに対してライノウイルスによる風邪は、くしゃみ鼻水、鼻づまりが中心で、アデノウイルスによる風邪は喉に症状が出る事が多いのが特徴です。

私たちは、風邪というとどれも同じ症状という風に思いがちですが、

厳密に言うと風邪という独立した病気が存在するわけではなく、異なる原因によって起こる呼吸器系の感染症を総括したものを風邪と呼ぶのです。

たとえウイルスが体内に侵入してきたとしても、それを抑えるだけの抵抗力(免疫力)を持っているかいないかが、風邪を引くかどうかの分かれ目になります。

風邪のウイルスに限らず、もともと呼吸器には色々な病原菌からの感染を防ぐメカニズムが備わっています。

しかし、過労や睡眠不足などで体力が低下し体調万全でないと、その機能を発揮する事が出来ません。

そして、風邪を引いてしまってとき、体内では人間が本来持っている免疫機能がフル活動します。ウイルスを退治する為にサイトカインという免疫物質が出てくるのです。

ウイルスを退治する為のサイトカインという免疫物質には、肝臓病の治療に使われるインターフェロンも含まれますが、代表的な物質はインターロイキン-1というものがメインで含まれます。

これは、ウイルスと戦って熱を出させて眠気を誘発させるという役割があります。

つまり、免疫機能が活発に働き始めると、脳が「眠る事が得策」と判断します。

ということは、脳自体に体内に外敵が侵入した場合、眠った方が良いと命令を下すシステムがあるようです。

眠る事で筋肉活動などに使っているエネルギーを、ウイルスなどの外敵と戦う為に使うということなんです。

つまり風邪を引くと、人間の脳が外敵を退治する為に免疫物質を出して、その効果により眠くなります。眠れば身体のエネルギーはウイルス退治の為に集中的に使われて効率よく治療する事が出来ます。

ですから、風邪を早く治すことに必要な事とは

よく寝て、食事なども軽めにしてエネルギーを風邪に治す事に集中させる事が重要になってきます。

昔、風邪を引いたら「おもゆ」「おじや」や摩り下ろした林檎、玉子酒などが一般的な風邪の食事でしたが、ここ近年「焼肉」「にんにく」などで元気をつけようとする人が増えてきています。
これらは、消化に時間が掛かり、脳から胃に「消化してくれ」という指令を出し続けなければいけないために、返って脳から風邪を治すために出す免疫力を放出する為の指令が足りなくなる恐れがあります。

もちろん、カイロプラクティックや鍼灸など免疫力を上げる治療なども風邪を早く回復する為には有効な手段になるのでなかなか風邪が治りにくいというような方は、是非一度通って見てください。

多田治療院
住所:東京都中央区新富1-6-1 1F
予約電話:03-3553-8585
営業時間:(月-金)9:00-20:00(木)午後休診・(土)17:00まで
日曜日・祝日はお休みです
最寄り駅:日比谷線 八丁堀駅より徒歩3分。有楽町線 新富町駅より徒歩3分。京橋駅、宝町からもアクセス可能
※わからない場合はお電話下さい。ご案内させて頂きます。