パソコンを長く使用すると顔が老化する

イギリスの新聞「The Daily Telegraph」の記事に載っていたもので、イギリスの皮膚科医師がパソコンを長く使用すると顔が老けると警告したそうです。

医師であるMichael Prager氏によれば、肌の老化に関して相談に訪れる女性患者が多い理由として、パソコンを長時間利用することが原因となっていると伝えてます。

また、Prager氏は同じ位置にずっといると、顎のラインが下がり、スクリーンを下向きに見るため、首の筋肉が短くなり二重顎になると警告した。

これに対する予防法として、The Daily Telegraphは

・パソコンの側に鏡を置いて自分の顔の状態をチェックすること
(人間はストレスを感じたり、考え事をする時、
知らないうちにしかめっ面をするため)

・パソコンを長時間使う際は、40分~50分ごとに休憩を取り、
首などをストレッチすること

という風に書いてありました。
それ以外にも色々方法があります。

長時間パソコンをする影響としては、体を動かさずじっとしているので筋肉が動かない為、目、顎、手、首、肩こり、腰痛、足のむくみが出てきやすくなります。

これを予防するには、

ガムを噛んだり、貧乏ゆすりをしたりするのがよいのですが、

流石に貧乏ゆすりは格好悪いので最低でも二時間に一回はトイレに行きたくなくても席を立つということが体の疲れを貯めないで済む方法になります。

体の疲れが溜まってきたら筋肉を動かすための運動をするか、その時間がない人は鍼灸マッサージ、整体に行って

目、顎、手、首、肩こり、腰痛、足のむくみを解消してください。

 

多田治療院
住所:東京都中央区新富1-6-1 1F
予約電話:03-3553-8585
営業時間:(月-金)9:00-20:00(木)午後休診・(土)17:00まで
日曜日・祝日はお休みです
最寄り駅:日比谷線 八丁堀駅より徒歩3分。有楽町線 新富町駅より徒歩3分。京橋駅、宝町からもアクセス可能
※わからない場合はお電話下さい。ご案内させて頂きます。