寒いと風邪を引くのは嘘!

「そんな薄着しているから風邪ひいたんだよ」「冷えたから風邪引いたんだね」とか言ったりします。

でも実はそんなこと無かったりします。

ちょっと古い論文ですが、この常識に異を唱える論文が1958年と1968年に出された。
H.F.Dowling et al.” Transmision of the CommonCold to Volunteers Under Controlled Conditions” : American Journal of Hygiene(1958)R.G.Douglas Jr. et al. “Exposure to Cold Enviromentand Rhinovirus Common Cold” New England Journal of Medicine(1968)

これらの論文は、かなり多数のボランティア被験者を使い、厚着、薄着で低温環境に望み、風邪をひく率を出した。薄着群では低温条件に加えて、さらに鼻風邪のウイルスを点鼻するという要素を加えています。
結果は

「気温や衣服の条件は、全く風邪の発症率に影響しなかった」

と論文では結論づけられています。

また論文では「風邪のウイルスは寒いところを好むので、冷えると風邪をひきやすい」という世間一般に広まってる説にも実験的に否定しています。(実際には、ウイルスは寒いところを好むというのは真実だが、冷えると風邪をひきやすいと言うことに関して否定しています。)
暖かくしていようがどうしようが、いったんウイルスが鼻粘膜に侵入すれば、どんなに免疫が活発であろうと、95%の人は感染し、その75%が風邪症状を示すと実験結果を示しています。

これらを元にしてなのか、欧米の風邪予防サイトを見ると

「風邪は寒さとは無関係」

という主張に徹しています。サイトによるとウイルスに汚染された手を鼻の粘膜に突っ込むのが主な感染経路になるので、

「鼻の穴をほじらないのと、手をきれいに洗うこと、咳やくしゃみをしている人に近づかないこと」

だけが有効な予防策とされています。

それでも寒暖差があるとなぜ風邪を引くのか?

風邪を引くのは、寒さ暑さを調整する為に体の筋肉が収縮したり、汗をかいたりすることにより、疲労を起こし免疫力が低下してウイルスにより風邪を引いてしまう訳なんです。
ですから、風邪が流行りだして最初に引くのは子供、高齢者、これは、筋力、代謝の調整が上手くできないから最初に引きます。
その次は、女性。最後に男性となります。家庭内、会社内でこの順番に風邪を引かなかった場合は、その人はかなり慢性疲労が溜まっていてその風邪も治りにくく、他の疾患にもかかり易くなっています。
慢性疲労は、カイロプラクティック、鍼灸、マッサージでしか取れてこないので是非治療に通ってみてください。

多田治療院
住所:東京都中央区新富1-6-1 1F
予約電話:03-3553-8585
営業時間:(月-金)9:00-20:00(木)午後休診・(土)17:00まで
日曜日・祝日はお休みです
最寄り駅:日比谷線 八丁堀駅より徒歩3分。有楽町線 新富町駅より徒歩3分。京橋駅、宝町からもアクセス可能
※わからない場合はお電話下さい。ご案内させて頂きます。